れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

マイルドな魅力





岡田くんの結婚、剛くんの結婚、長野夫妻第一子誕生、岡田夫妻第一子ご懐妊。

スマップ解散、トキオ山口くん脱退退社、関ジャニ渋谷くん脱退退社・・・などなど、ジャニーズ大丈夫かしら??と思われる出来事が続いている中で、V6だけはおめでたい話題が続き、ネット上や友人からも「V6だけ平和」と言われることが多かったのですが・・・


岡田くん夫妻第一子ご懐妊発表のときに、何故か分からないけれど、スッと気持ちが引いてしまった。
こんなにもめでたいことなのに、私の目は死んだ魚と同じくらいまったく輝きの無い瞳だった。


めでたいことはめでたいのだが、知らず知らずのうちに私の中で何かが積み重なっていたのだろうと思うくらい急にスっと気持ちが引いたのである。別に岡田夫妻が嫌いなわけではない。むしろ好きである。奥さんのことも。


嫌いになったり、興味がなくなって気持ちが冷めるのなら分かるのだが、まだまだV6のことは大好きであり、興味深々なのに、ものすごい心がクールなのである。


テレビを録画し、もちろん新曲も購入。
しかし、何か私を突き動かすものがない。
ブログを書くにも以前のような高まる気持ちが無いのを感じる。


あぁ・・・ファンというのはこうやって辞めていくものなのか・・・

と、秋の夕暮れのような寂しさを感じていた。


それでもV6が出演する番組は必ず録画をし、見る。
もう習慣のようなものだ。

MUSICDAY。

恒例のシャッフルメドレー。
ここにTOKIOの姿が無いことで改めてあの事件の現実を実感する。


今までは前のめりになりながら、V6のメンバーはそれぞれ何の歌を誰と歌うのだろう・・・とワクワクしていたのだが、
今回は暑さでぐったりしている犬のような体勢でダラダラ見ていた。


♪空に~かざ~した~手の~ひら~~


セクシーゾーンのデビュー曲が流れる。
薔薇を持つ5人。
亀梨くんと藤ヶ谷くんの姿を確認。
確かにセクシーだ。


すると、次の瞬間アップで映ったのが長野博。

おいおいおい。なんてこったいなんてこったい!!!
薔薇持ってるじゃないか!!!
博が薔薇を持っているじゃないか!!!!


私はエサを与えられた犬のように大興奮して画面に食いついた。


しかも、他のメンバーが亀梨くん藤ヶ谷くん中間くん(ジャニーズWEST)、そして錦戸くん。
グループの中心的人物といってもいいこのメンツの中に混ざる長野博!
圧倒的なオーラのある4人。


申し訳ないのですがちょっと中間くんのことをよく知らないので割愛します。
亀梨くん藤ヶ谷くん錦戸くんというこの並びに長野博を入れるこの小粋なセンス。

この並びだったらV6の中では岡田くんか剛くんが入ってもおかしくはないのに、あえての長野博だ。


長野くんは決してグループの中では中心的人物ではない。
メンバーの中では圧倒的に中心的人物ではあるのだが、
世間からしたら長野くんは正直言って地味なポジションにいる。


私は長野博のファンでありながら何度も言ってしまう。
「地味」だと。
もう言わない。もう言わない。
と頑なに誓いながらも言ってしまう。

申し訳ない。

長野博は地味だ。
しかし私はそこが好きだ。


そんな長野博があの亀梨和也と共に歌い、隣には錦戸亮。
彼らの個性はとても強い。


だがしかし。
だかしかし、だ。

長野博の手元には何がある?

そう。

薔薇だ。
セクシーローズだ。


薔薇を持たせたら博の右で出るものはいない!!


高貴で美しい真っ赤な薔薇を手に持つ高貴で美しい長野くん。
もうどっちか薔薇か分からない。


亀梨くん錦戸くんの個性とはまた一味違った魅力を放つ長野博with薔薇。


その姿は圧倒的に王子である。
いや、漢字で「王子」よりも「プリンス」のほうがふさわしいほど高貴で美しい。
こんなにも「ロイヤル」という言葉が似あう男がいるだろうか。


亀梨くんや錦戸くんの個性に全く負けていないのである。
いや、むしろ他の4人の強い個性と比べて、柔らかな雰囲気を放つ長野博は唯一異色なオーラすら感じる。


それはまるで、好青年のV6メンバーの中で唯一ヤンキー的風貌で異彩を放っていた森田剛のように。



もうこのままブログを更新することはないのではないか・・・とすら思っていたのに、パソコンのキーボードを打つ手が止まらない。


もはやこれは神が私に対して
「薔薇を持って、亀梨くんや錦戸くんと並んで歌う長野博を見てもブログを書かないというのか??」
という宣戦布告にも思えてきた。
壮大である。
久しぶりの更新ゆえに想像力が壮大である。
今ならスターウォーズの脚本書けるのではないかと思うくらいブラインドタッチと想像力が止まらない。


客席の近くまで降りる5人。
後ろにはお客さん。
前々から思っていたのだが、この番組でテレビに映るお客さんは毎回綺麗なお姉さんで大抵、白いワンピースを着ている。


そんな綺麗なお姉さんのほうを振り向き、一人の女性の顔に薔薇を向けちょっかいを出す錦戸くん。
とても微笑ましく可愛らしい光景だが、ファンからしたら内心穏やかじゃないだろうな・・・

と、思いながら見ていたのだが


次に映った長野くんが薔薇を上に掲げ、真顔で一回転するというシュールさを見せつけたため、ある意味これはこれで
ちょいちょいちょい(笑)!!!と戸惑いが渦巻く。

しかし、真顔でもかっこいい。
明らかに一人だけ笑いの方向に持っていっているのだが、存在感が圧倒的にプリンス。

長野くんだけ他の4人に比べて存在感がマイルドなのである。


・・・・・はっ!!!!
もしや・・・。


何故このワイルドな個性を放つ4人の中に長野博を入れたのか謎だったのだが、
「マイルドも地球の裏側じゃワイルドになるよ♪」という歌詞にかけて、長野博を選出したのではないか?

唯一のマイルド担当長野博。


この構成を考えた人に座布団80枚差し上げたい。
もう優勝。
なんの優勝か自分で書いていて分からないのですが、もう優勝です。



そして最後の場面。
「時代をつくろうセクシーゾーン♪」のところで5人の引きの画が映る。


いやぁ~亀梨くんや錦戸くんという若くてセクシーな魅力を持つ人たちと並んでもアイドルとしての輝きを放つ長野博。

「地味」だとか過去に何度も言ってきて申し訳なかった。
テレビに出演したときは端っこにいてたまにテロップで顔が隠れたりするときもありました。(確か、何らかの情報番組)
トークで話している姿が全然映らなくて、最後に提供の文字とナレーションに丸被りでちょっとだけ長野くんのトークが流れたときもありました。(何年か前のミュージックフェア)


長野くんはそれでいい。
ものすごくかっこよくて、美形なのに、目立たないところが魅力の1つ。

そう思っていたのだが、

やはり長野博は美しくて品のあるオーラを持っている。
そしてそれは薔薇を持つことによって、さらに輝きを増す。

このシャッフルでもポジションは端っこだが、その唯一無二のマイルドな魅力は強く私を惹き付ける。

「♪時代を作ろうセクシーゾーン」

5人の引きの画が映ったあと、今度は寄りの画を映す。
やはりジャニーズですからしっかり顔を映して終わらないと。


5人に寄っていくカメラ。
満面の笑みの4人。

ん??
4人???



待って待って。
カメラさん。
最後の大事なところで・・・


長野くんだけ切れちゃってる~~~~~~~!!!!!
他の4人だけが綺麗に画面に収まってる~~~~~~!!!!
悲報~~~~~~~~!!!!!


もう(笑)
笑うしかない。


綺麗に4人だけ収まってた。
最初から4人でした、くらい綺麗に4人だけだった。

どうしたどうした。

確かに錦戸くんと長野くんの間が若干広かったから、寄ったときにカメラさんの想定外で長野くんだけ鮮やかにフェードアウトしてしまったのかもしれない。


芸歴30年以上、この中で誰よりも大御所の長野博45歳。


そんなベテランが


1人だけカメラに映らない


面白いじゃないか。



その後、一瞬ではあるがもう一度カメラが引いて長野くんも入れた5人ショットで無事終了。



ちょっと離れかけていたV6への気持ちをグンと再び引きつけ、久しぶりにブログを更新する熱量を取り戻したのは、薔薇を持った長野博だった。

やはり長野博か。
やはり私は長野博に引き寄せられてしまうのか。


メンバーが何故あんなにも「長野くん長野くん」と言うのか、今になって本当の意味を理解したような気がする。

長野博のマイルドな存在感が、多くの人の心をワイルドに惹き付けてしまう。
意外と長野くんは中毒性が高いのではないかという新たな発見。


「Mild(マイルド)も地球の裏側じゃWild(ワイルド)になるよ」という謎な歌詞からの
「時代を創ろうセクシーゾーン」という高らかな目標を掲げた曲。

マイルドとワイルドで単なる言葉遊びの歌詞かと思っていたが、
今回の長野博を見て一つの解釈が私の中で生まれた。


ワイルドには夢中になる、熱狂するという意味も含まれている。

マイルドな魅力で地球の裏側の人たちまで夢中にさせる。それくらいのアイドルになる。

といった意味も含まれているのではないかと・・・。


場所だけでいえば、私は地球の裏側ではなく、結構身近な東京なのだが、
MUSICDAYでの長野博のマイルドな魅力は確実に私の心をワイルドにさせてくれた。


スポンサーサイト
*CommentList

長野ベイビー誕生






前回、久しぶりの更新にも関わらず、読んでくださった皆様、拍手(ボタン)、コメントをくださった皆様ありがとうございます。


もう書きたいことがありすぎてどれから書けばいいのか、大渋滞が起きていますが、その渋滞の先頭にいるのがこの話題。
長野ベイビー。



長野博にベイビーが生まれることは私にとっては一つの大きな区切りでもあった。


ファンをやめるわけでもなく、嫌いになるわけでもない。
しかし、何か一つの「終わり」を実感する。


大袈裟かもしれない。
自分でも大袈裟だと思っている。


5月11日午後7時。
その時、私は実家のトイレの中にいた。
お食事中の方には申し訳ないけれど、その時、私はトイレの中にいた。


ふぅ~とため息をつくと同時に、母親がリビングから大きな声で私に向かって言った。



長野くん子供生まれたって~~~~!!





ガーーーーーーーーーン!!!!




いや、子供が生まれたことにガーーンではない。
それはめでたいことだ。


何がショックかって、聞くタイミングである。
完全なる場違い。


好きなアイドルに子供が生まれたという報告をトイレで聞く。
報告を受けている時のスタイルがあまりにも滑稽である。


もっとロマンチックに報告を受けたかった。
窓にもたれかかって夕日を眺めながら、この現実を受けて止めていく繊細な私を演出したかった。


それがまさか便器に座って、壁に飾られてある甥っ子が書いた「ミッチーマウス」という謎のキャラクターを眺めながらだなんて。

確実にミッキーマウスなのだけれど、なんせタイトルが「ミッチーマウス」だから、どっかに及川光博の要素でも入ってんのかなと考えているところに、

「長野くん子供生まれたって~~」である。


トイレに入っているときに大声で報告してくる母さんもバッドタイミングだし、
トイレでそれを聞いた私も場違いだし、

あれ?そもそも予定日6月じゃなかったっけ・・・

と、もうあらゆるタイミングが私の中でごちゃごちゃだった。


5月30日に発売される新曲。
長野くんがパパになる前の最後のシングルなのだ…と私の中でとても感慨深く思っていた。


新曲のプロモーションとしてのテレビ出演もすべて、長野くんがパパになる前の最後の姿なのだ…とどこが寂しい気持ちになりながら、私は予定日である6月を待っていた。


それはまるで大晦日のカウントダウンのように、妙なドキドキとワクワク。
そして、私の中で何か長野くんを想う心境が少しばかり変わっていくのを感じていた。


まだ私の中でそのカウントは3くらいだった。
ここからあと2,3週間かけて「2.1」とカウントダウンしていき、6月某日に新たなる幕が上がるのだろう・・・
とドラマチックに考えていたのだが、


生まれてた!!!

早いぜベイビー!!
こんにちは!!!


いやぁ~、こっちはまだ「3!」のテンションだったから、「3!」でハッピーニューイヤーが来ちゃって、おいおいどうしたどうした!???と戸惑う。

しかもそれをトイレで聞くからなおさら置いてけぼり感をくらう。
私の中でとても大切で、そして繊細な出来事を母さんは「ごはんよ~」くらいのフランクな言い方で「長野くん子供生まれたって~~」と報告。


母さんは何も悪くない。
あの時、トイレにいた私が悪いのだ。


5月11日マスコミ各社にFAXで報告。
先日予定日よりも早いタイミングでしたが第1子となる男の子が無事に生まれてきました。母子ともに元気です。


母子共に元気でよかったです。

熱愛報道が出たときも、結婚をしたときも「ちっくしょぉぉぉおお!!ミホ~~~~~!!!!」とコブシを握りしめた日もありました。


どこかに欠点があるだろ~~へへへへへ(`∀´)
という、悪い心でミホのブログをチェックしても欠点がない。
つっつく要素がどこにもありゃしない!!!!
完璧だ~ちくしょう・・・完璧だぁ~。
どうすりゃいいんだ!!グゥの音も出やしない!!!!


と、ミホのあまりの完璧さにうなだれた日もありました。


永遠のライバル、ミホ。

しかし、出産となると話は別だ。

39歳という「出産」をする上では高齢に近い年齢だったので、若干心配をしていたけれど、
無事に生まれて、本当に良かったです。
おめでとう。


そして性別は男の子。


絶対可愛い。
両親の顔のパーツどこをとっても絶対可愛い。


将来は芸能界・・・と頭をよぎるが長野くんの子供だから「食」の世界にも行きそうだ。
と余計なことを考える。



余談ですが、私の誕生日が5月9日。
長野ベイビーが生まれた日は公表されていないけれど11日の報告で「先日」と書かれているため、もしかしたら・・・5月9日もありえる・・・。


フフッ。
フフフフフフフフフフフフフフフフフフフフッ。


あ、失礼。
突然の不気味、失礼。


ということは、もし、もし仮に9日生まれだとすると、
来年から5月9日に長野家がハッピーバースデーと幸せな時間を過ごしている時、
私も家で一人寂しくハッピーバースデーしているというシンクロが起こる。


ちなみに今年は、誕生日直前まで体調が悪かったため、
近年まれにみる病み上がりバースデーだった。
豆腐だった。誕生日のディナー豆腐だった。



ここ最近ジャニーズでは、関ジャニ渋谷くんの脱退&退社、そしてトキオの山口くんの件があったりとちょっと心配と不安が混じる出来事があったけれど、

ここで一転、明るい話題。

この絶妙なタイミング。
天使かな??

生まれながらにして天使の実力を備えてきた長野ベイビー。


世間的にはとてもとても嬉しいニュースであり、おめでたいことだけれども、
私の中ではどこか寂しさも漂っている。
あぁ、長野くんも父親になってしまったのだと。


好きなアイドルが「父親」になるという不思議な心境。

今まで通り応援し、ファンを続けていくが、何かが変わった気がする。
私の中で何か長野くんへの想いが変わった気がする。


冷めたわけでも、嫌いになったわけでもない。
けれど、今までとは何かが違う。


と、センチメンタルな気分に浸っていたのだが、
この前の少年倶楽部プレミアムを見て、


やっぱり長野くんかっこいいわ~~~~~!!!!
鼻の付け根とか最高にかっこいいよね!!!


と、「鼻の付け根」にかっこよさを感じるという新たなステージへと立った。


しかし、この少クラを収録している時の長野くんはまだパパになる前。

私はまだ見ていない。
パパになった長野博を。

「4じ5じ」を録画してあるが、何故か見る勇気が無いのだ。


長野博がパパになった顔を見るのは「V6」の時にしよう。
新曲発売日以降のMステだろうか・・・。


大好きな長野博がパパになってしまった。
おめでとうよりも今は、「パパになってしまった」という寂しさを感じている。


あぁ・・・パパになってしまった。
パパになってしまったのだ・・・。
クッキングパパに・・・。


私は忘れないよ。
昔、剛くんが熱いかき氷を嬉しそうに食べているリアクションを見て、博が言ったこの一言を。

「こんな子供がいい!!!」


おめでとう博。
お子さんが無邪気に嬉しそうに可愛くかき氷を頬張る少年に育つことを願っています。



*CommentList

前髪~君がいるキセキ~





お・・・お・・・岡田くんに・・・・岡田くんに・・・・


前髪ができたぞぉぉぉぉおおおおおおおおおおお!!!!!!

yeah1.png




お久しぶりです。
岡田くんの前髪もお久しぶりですが、私のブログの更新もお久しぶりです。
約2カ月ぶりです。


ちょっと風邪をこじらせて、声が森進一になったりと・・・色々体調不良が長引いてしまい、
TOKIOの一件もあったりで、どんなテンションで、まず何を書けば・・・と迷っていたところに、



あの!岡田准一の前髪が奇跡のカムバック!!


俳優としての地位を築けば築くほど
もう、岡田くんは「アイドル」と言われるような可愛らしく爽やかなルックスになることは無いのだろう。
つまりは「前髪」を作ることは無いのだろう。
そう思っていた。


オールバックでヒゲを生やしていても、美形は美形なのだから、今でも前髪を下ろせばすぐに「アイドル」らしい可愛さが戻ってくる。
そうは思っていても、今の岡田くんが前髪を下ろすだなんて、松崎しげるが色白になるのと同じくらいありえないことだと考えていた。



だから私は「前髪」への希望を長野くんと健くんに託していた。


しかし、前髪の神様はオカダに微笑んだ。


今日、明治ブルガリアヨーグルトのイベントに出演した岡田くん。
イベントの記事と一緒に掲載された岡田くんのビジュアルに私は目を疑った。


前髪が・・・ある・・・

いやいや、まさかそんな・・・。
え?岡田くん?これは岡田くん??


堂珍かな?ケミストリーの堂珍じゃない??

堂珍
↑堂珍さん




頭が混乱する私。
しかし、記事にはしっかりと「岡田准一」と書かれていた。



岡田くんに・・・(泣)
あの岡田くんに・・・(泣)
前髪が・・・。

くるくるにパーマがかけられた前髪。
眉毛がかかるかかからないか位の丁度良い長さの前髪。

パーマよりもストレートのほうがなお良し。
と思ったけれども、この際、贅沢は言わない。

眉毛の辺りまでしっかりと前髪を下ろした岡田くんは初めて見たような気がする・・・。


しかも、ただ前髪を下ろしているだけではない。
なんと・・・


ヒゲが無い!!!!


前髪有り、ヒゲ無しの岡田くんが見られる日が再びくるなんて(泣)


20150520_1026700.jpg



ちょっともう、シェフを呼びたい。
岡田くんを前髪あり、ヒゲ無しにしたシェフを呼んでちょうだい。
直接お礼を言いたい。


明治ブルガリアヨーグルトのイベントのためだけにこの髪型にするとは考えられない。
映画かな???
次の映画のビジュアルかな?
2019年公開の「来る」がそのビジュアルなのかい???


なんてこったい・・・。
まさか前髪が「来る」とは思いもよらなかった。


一体、いつまでこのビジュアルを維持してくれるのか分からない。
出来ればずっとこのままがいいけれど、時代劇のオファーが来たらすぐにヒゲを生やしてしまう。
前髪を伸ばしてオールバックにしてしまう。


まずは、この状態のまま新曲のテレビ出演をお願いしたい。
もうすでに収録済みのものもあるが、これからのものは是非前髪を下ろしていてほしい。
全力で祈るしかない。



他の5人のビジュアルも現在完璧だ。
長野くんの前髪もいい感じだ。
健くんは一向に前髪を作らないが、美しいから良し。



そんな完璧なビジュアルの5人と、前髪を下ろしてヒゲ無しの岡田准一を降臨させたら、向かうところ敵なし。
やっぱり岡田くんは美形である。
可愛らしさもちゃんと残っている。



これで体がもう少しスマートになれば、あの20代前半の最高に美しい岡田准一が復活する可能性も・・・
と夢は広がるが、そこまで贅沢は言わない。
前髪を下ろしてくれただけで十分である。




あ~やっぱり前髪は素晴らしい。
前髪・・・ただ前髪がそこにある。
それだけで、幸せな気分になる。
こんなにもテンション高くブログを書くことが出来る。



前髪があることが当たり前じゃない。
ものすごく短くなることだってあるんだ。

あの時の絶望感たるや、熱愛報道よりもショックだった。

せっかく前に出せる髪があるのに、それを後ろに流す髪型、そう、オールバックにしてしまうこともあるのだ。
突然いなくなることだってある。


いつかは戻ってくるのだろうか。
そんな希望と不安を持ちながらも、戻ってこないことが本人にとってはいいのかもしれない・・・
と考えることもある。


どれが正解かは分からない。
一体どれが正解の前髪なのか、、、。

本人にとって一番いい前髪は何なのか・・・・。

私は今日も6人の前髪の行方を見守り、ただそこに前髪がある、そのキセキを見守っていきたい。

Forever前髪・・・。

追伸:私はトキオの中で山口くんの顔が一番好きだった。


※岡田くんの前髪有り、ヒゲ無しのビジュアルが最高というのは個人的見解です。


*CommentList

寂しさと冷静の狭間





久しぶりの更新なので、見てくださっている方がいるのが若干不安になっていますが・・・私は元気です。


ちょっと、私の不注意でパソコンをぶっ壊してしまい、
画面がなんか、この世の終わりみたいになってしまいまして。

昨日ようやく新しいパソコンを購入し、今日からブログを書く気満々でした。


久しぶりにブログが書ける!!
メンバーの私生活の話題が続いちゃったから久しぶりにDVDの感想書くわよ~~!!
可愛いV6をたくさん伝えちゃうわよ~~~!!!


帰宅途中の電車の中で若干二ヤつきながら
「ふふふ、可愛い健くんのことや、美しい長野くんのことをふふふふふふふふ・・・・」
と、ブログに何を書くか妄想していました。


家につき、郵便受けを見る。
ジャニーズファミリークラブからの封筒が2通入っていた。


1つはあきらかにV6の会報が入っているであろう封筒。
そしてもう一つは、「日付指定」の封筒。


日付指定の封筒


あれ・・・なんか・・・見覚えあるな・・・。
昨年の12月24日にも同じようなものが、日付指定で・・・。


あれ・・・これ・・・あれじゃない???
もしかして・・・あれじゃない???



いやいや、・・・バースデーカードかもしれない。
誕生日5月ですけど。
間違えてね、間違えてバースデーカードが届いちゃったかな??



だって・・・12月24日からまだ3か月弱だし・・・。
そりゃあ、ちらほら噂は出ているけど・・・まさか・・・・。

さすがにね、さすがに早いよね。
バースデーカードかな??やっぱりバースデーカードの誤配送かな??

も~ファミリークラブったらおっちょこちょいなんだから~~~。
も~見ちゃうよ??開いちゃうよ??



この度、私、森田剛は結婚する運びとなりました


いったん落ち着こう!落ち着こう!V6!
どうしたどうした?そんなに急いでどうした??
3年連続でどうした??


もう封筒見た瞬間から森田剛の結婚報告だと察しはついていたけれど、いざ見ると、「っおぉ・・・」となる。


長野くんのファンだから剛くんの結婚でショックを受けることも無い。
指定日がクリスマスイブとかでは無いから特にモヤモヤすることもない。


素直に、お、剛くんも結婚か・・・。おめでとう。
と最高にCOOLな自分が姿を現す。


おめでとう!コングラッチュレーション!!フゥゥウウウウウウウウ!!!!

というハイテンションのおめでとうではなく、

親戚のおっさんかってくらいの「結婚したか。おめでとう」くらいのテンション。



もう私も慣れちゃったのかな?
メンバーの結婚に慣れちゃったのかな?
3年連続ですから・・・。



それとももう私生活の話題に飽きちゃったのかな??


結婚報告のカードを見たとき、「それよりもV6の活動を・・・」とか思ってしまった。
すっごいクールだった。
ごめんよ。
単純に、結婚発表とかじゃなくて、2018年のV6が早く見たすぎて、祝いのカードに対して最高にクールな感情を抱いてしまった。


とはいえ、ショックを受けているファンの方がいるだろうと思うと、長野くんの時のショックを思い出し心の古傷がガンガンに痛む。



長野くんの結婚発表の時は

doraemonn.png
こんな感じで




岡田くんの結婚発表のときは

umezu.jpg

こんな感じで




今回は










kitune.jpg

クールにも程があるぜ・・・



おそらく長野くんの時に軽くショックを受けた感情があるので、他のメンバーが結婚してもあまりフゥゥゥウウウウとはならないのかもしれない。

おめでたいことなのに、メンバーの結婚となると「この度はなんと申し上げたらよいか・・・」みたいな気持ちになる。


お相手の方は再婚でお子さんもいらっしゃいますから、結婚だけでなく同時にお父さんにもなる。


森田剛がお父さんかぁ・・・。
なんかもう~なんでしょうね。
なんでしょう。このなんとも言えないこの気持ち。


ショックもモヤモヤも私の中には無いのですが、この・・・寂しさ??寂しさかしら。
寂しさもありながら、どこかすっごい冷静でもあり・・・。



とうとう既婚者が過半数越え・・・。

ちょっと一旦TOKIOを挟んだらどうだろう??と思うくらい3年連続V6の結婚発表。
正直、現役アイドルグループとしては前代未聞である。
異例と言ってもいい。


そして私はそんな既婚者が過半数超えるアイドルグループを見て今日も明日も「かわいい~~~♪」と言い続けるのだろう。
異例である。


連続で結婚発表があるとアイドル活動はどうなるのか・・・とか、ファン離れが加速してしまったら・・・とか一瞬考えるけれど、





何も変わらなさそう。
何も変わらず25周年を迎えそう。



まだ書きたいことはあるのですが、新しいパソコンでちょっと扱いが不慣れなため
一旦ここで。


しばらくしたらコンサートDVDの感想も書きますので、宜しかったら・・・暇なときにでも、見てください。







*CommentList

8年間の朝の顔・・・





The OnesのDVD&ブルーレイ化!!!



イエェェエエエエエエイ!!!!!!!

サンシャイン2


と、サンシャイン池崎にも劣らぬ絶叫を、8畳の部屋に響かせていたのですが・・・


そんなワンズコンのDVD化発表からわずか数日後・・・


イノッチ、有働さんと共に3月であさイチ卒業の報道が。

なんてこったい・・・。


有働さんの降板は以前から報道されていましたが、なんとイノッチも同時に。
ネット記事によると、”有働さんが辞めるならボクも・・・”と自ら決断したという。


しかし、まだ本人の口から語られていなかった。
昨日(6日)に正式発表があるという噂があったため、録画しておいた「あさイチ」を緊張した面持ちで見る。



一体、いつ、どんな風に語られるのだろうか・・・


いつも通り、朝ドラ受けがあり、何事も無く、テーマの発表。

この日のテーマは「おたま」。


「あさイチ」の今後がどうなるのか、イノッチや有働さんが本当に降板するのか・・・そんな心配な声があるなかでの、


今回のテーマは「おたま」です


平和。

もしかして、降板は嘘なんじゃ・・・。
そんなことが頭の中をよぎるくらい平和。


結局、最後の最後まで「降板」について語られることは無かった。
やはり嘘なのかもしれない・・・。


そう思ったのだが・・・
NHKが正式に2人の降板を発表した。

Oh、No・・・・・・。


そして、今日の「あさイチ」にて有働さんイノッチ、そして柳澤さんから正式な発表があった。
一部内容をレポ。


有働「8年前から務めてきたあさイチ」
井ノ原「2010年ですか?
有働「そうですそうです、ゲゲゲの女房と共に」
井ノ原「ゲゲゲの女房から朝ドラ受けはしてましたからね


有働「で、この3月いっぱいで、この三人でお伝えするあさイチはえ~、終わりということで」
井ノ原「そうですね。僕らやめることになるんですけれども


井ノ原「ま、三人…一緒に始めた頃から結構覚えてるんですけどぉ、2010年、初めてお会いしたときが確かポスター撮りかなんかでぇ
柳澤「そうそう写真とるときに」
井ノ原「で、すごい息が合った。で、僕から言わせてもらうのもちょっと失礼な話ですけど、なんか、友達みたいな感覚があったんですよ
柳澤「あの時なんか、ちょうどお昼時でさ、サンドイッチ三人で食べ始めたんだよね」
井ノ原「ねぇ
柳澤「5分もしないうちにさぁ、なんかずっとこう、一緒にいたような雰囲気になっちゃって」
井ノ原「よく三人で飲みにいったりもしましたけども


井ノ原「まぁ、そんな中で僕はですね、誰か1人がやめるんだったらぁ、みんなで辞めたほうがいいとはずっと思っていたので、有働さんは今回・・・だって、女子アナの方で8年続くってないんじゃないですか?
有働「帯はね・・・」
井ノ原「だいたい4年くらいで皆さん、スタッフさんも変わっていく中で


有働「なんか一部、結婚じゃないかとか、プライベートの充実のためにって、プライベートの充実で仕事なんか辞めないよね?」
井ノ原「というか、充実してない前提やめて~


え・・・違うの??
由美子がプライベート充実させたいなら仕方ない・・・と思ってたけど、違うの???
ごめん・・・充実していない前提にしてごめん・・・。


柳澤「僕なんかはでもね、この3人での、なんとなく8年前を思い出すと、3人で一緒にね船に乗って旅に出たような気がしたの。だからもう当たり前のことでさぁ、旅終わるんだったら一緒に船降りるのが普通だよね」


さすが柳澤さんいいこと言う。
こんな素晴らしいコメントにさぞイノッチも感動しているだろうと思いきや・・・


井ノ原「YEAR~~~!!!
(柳澤さんと抱き合う)

とってもアメリカン。
唐突にアメリカンを見せ付けてきたイノッチ。


井ノ原「アッキー、今日なんか関係ないのに来てんだよ、あいつ。何あいつ泣いてんの??

スタジオの脇で涙目姿のアッキー(篠山暁信)が映る。
想像以上に泣いてた。
あれ?アッキーが卒業するの??と思うくらい泣いてた。

井ノ原「さぁ、そんな中、なんですけども、今日は血圧についてです!



以上が本人たちからの報告。
淡々としていながらも温かな空気感の流れる報告。


NHK朝の情報番組の司会にジャニーズが抜擢されることは当時異例だったけれど、
それに加えて、有働さんイノッチそして柳澤さんのゆるりとした雰囲気も「NHK朝の情報番組」としては非常に斬新だった。


まさかそんな「あさイチ」コンビに終わりがやってくるだなんて・・・。

2010年から始まり、3月で8年を迎える。
たった8年。
たった8年なのに朝の顔としてのこの定着ぶり。

「あさイチ」という壁を超えて、紅白歌合戦でもイノッチ有働コンビの司会を見ることもあった。

有働さんが総合司会の時、V6の曲紹介にて、張り切りすぎて「ザッツV6メドレー」を

ダッツ!ヴィスィックスメドゥレイ!!!

と抜群の発音で紹介したことを今でも忘れない。


V6が紅白初出場を決めたときには「あさイチ」にて、出場者一覧のボードにどの出場者よりも太字で「V6」と書かれており、さらに当選の花まで付けるという堂々たる贔屓(ひいき)を見せつけてくれた。


V6のメンバーがゲストで出演したときも、普段は引っ込み思案なメンバーの可愛らしい一面やイノッチとの暑苦しいまでのスキンシップが見られることもあった。


イノッチが司会者というだけなのに、ここまで「V6」というグループを全面的に押し出した番組は他にそうはない。
だから、「あさイチ」からイノッチが降板してしまうというのは、なんだか、「V6」の番組が一つ終わってしまうような悲しさもある。


あぁ、、、岡田くんの結婚から長野くん夫妻の第一子ご懐妊、そしてイノッチのあさイチ降板・・・
なんだかここ数回の私のブログが嘆きばかりになってしまっている。
いけないいけない。


「楽しいブログをありがとうございます」というコメントをいただいているのに、嘆きが連続になってしまった。

そろそろ「かわいい」を書きたい。
こみ上げるほどの「かわいい」が欲しい。
おじさんたちの「かわいい」をください。

「かわいい」という栄養が無いとどんどん嘆きのブログになってしまう。
「かわいい」をおくれ。
おじさんたちの「かわいい」を・・・。


あれ・・・そういえば、あさイチに坂本くんだけ出演していない・・・。
坂本くんに似ているモデルの「敦士」さんなら何度も出ているけれど、リーダーが出ていないんだ。

プレミアムトークのゲストとして「あさイチ」最後の贔屓(ひいき)として坂本くんの出演なるか・・・。


*CommentList

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム