FC2ブログ

れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE TOUR 2015 DVD感想 コメンタリー篇 その4





カミセンのキミノカケラ。

健「あ、今度はオカダがポール牧になっちゃったよ

一体なんのことかと申しますと、コンサート中のキミノカケラの冒頭で指を鳴らしていたオカダくん。
それを見た健くんは、指パッチン=ポール牧らしく、上記のような発言に至りました。


健くんにそう言われたオカダくんは・・・

ニヤニヤが止まらない。

うれしそう。


健くんに話を振られて

うれしそう。


もうね、たとえ街角ですれ違ったとしても「あれ?あの人なにかいいことあったんじゃない?」ってお察しできるくらいうれしそう。


しかもニヤニヤが思いのほか長め。
ロングタイムニヤニヤ。




健くんの「un year~♪」パートを見ながら、剛くんが一緒に「un year~♪」と歌っていたのですが

え?猛獣?みたいな声でウーイェイしていました。

あんな、さっきまで行動が逐一可愛かったのに、猛獣もしくは、おっさんのイビキみたいな、なかなかブルージーなウーイェイ。


さらに健くんの「un year~♪」場面にて・・・
井ノ原「いいなぁ、おまえ
長野「いい表情してる

と褒める2人。
その直後・・・

井ノ原「どういうつもりでウーイェイって

と、ウーイェイに疑問抱いちゃったイノッチ。
しかも“どういうつもりで”ってなかなかのケンカ腰な言語織り交ぜてのクエスチョン。

長野「どういうつもりでって(笑)
坂本「気持ちだろ(笑)
健「どういうつもり(笑)

イノッチにはどういうつもりで“どういうつもり”って聞いたのかお尋ねしたいくらい。


しばらく沈黙が続き、画面に見入る6人。
その間に、オカダさんは爪をかみ始めました。
人差し指の爪をかみ始めました。


坂本くんが手巻き寿司に手を伸ばす。
すると、何も言わずに海苔を手渡すイノッチ。
黙って受け取る坂本くん。
見事な阿吽の呼吸。

さらに・・・

坂本「井ノ原さん、すいません、納豆もらってもいいですか?
井ノ原「納豆?」と言いながら、納豆の入ったパックを渡す。
健「2人とも納豆臭くなっちゃうわけ?
坂本「ギーネーも
井ノ原「ギーネー?いいよ、はい。

あ、ギーネーとはネギのことらしいです。

この見事な連携。
イノッチも坂本くんも、このそっけない感じ?
笑顔もなく、“無”の状態で納豆とギーネーをパスして受け取るという、このあえて気を使いあわないナチュラルな雰囲気が、完全に食卓の1シーン。

一般家庭でよくある
「醤油とって!」
「ん(渡す)」
というような雰囲気。


曲はWillへ。

「ひょえ~」

ん?なんか・・・今、何か鳴かなかった??小さい生物が生まれたような可愛い鳴き声しなかった?
と思ったら、健くん(36歳)のためいきだった。

た め い き が か わ い い 。


もう事件。
事件性を感じる。
あまりの可愛さに。
そんな!そんな!ため息がかわいいわけがないじゃない!!普通。

ため息っていうのは、哀愁と憂いを帯びて、体全身からマイナスのエネルギーを発しているかのような重みのある「はぁ~↓↓↓」とかなのに、


甲高いアニメ声で「ひょえ~」って。

しかも36歳男性が。
絶対、誰か吹き替えてるでしょ?三宅健のため息に合わせて“吹き替え”してるでしょ?

してないの?
本人なの?

かわいすぎ。
何故、こんなにもため息がかわいいのかを、解決したいくらい。



長野「初めのほうとか逆に出ても、誰も見てくんなかったって
坂本「見てなかった
長野「(笑)ずっとポーズしてたらもう、Aメロくらいでやっと気づいてくれた

バックステージから登場するトニセンを誰も見てくれてなかったという、トニセンの悲しき報告・・・。


あと、気づいたけれど・・・

健くん今度は長野くん寄りになってるね?座る位置。
坂本くんが手巻き寿司をつくるために床へ降りてから、長野くん寄りになったね?

せっかく1人で悠々と座れるチャンスが到来してきたっていうのに、自らぎゅうぎゅうの道へと行ったね?
この自然な甘えっぷり。素晴らしい。

健くんって磁石なの?磁石なのかな?と思うくらい、区切りがなければグイグイメンバーに近づく。


ちょっとさぁ、もし健くんに磁石の成分があればさ、私もチャンスがあれば、健くんとぎゅうぎゅうに・・・



あ、いっけねいっけね
あやうく妄想に浸るところだった。
無数の人に読まれるであろう“ブログ”というツールで、自分の妄想繰り広げるところだった。失礼・・・。


でも、ほんと・・・同じ地球に生まれて、同じ人間として生まれて、同じ日本にいるっていうのに、健くんとぎゅうぎゅうになれるチャンスが巡ってくる気配が、これっぽっちも感じられない。

満員電車で知らないおじさんとぎゅうぎゅうになる機会は、何度もあるっていうのに。
そのおじさんのうちの1人が“三宅健”であってもおかしくはないと思うのよ。
健くん、よく電車に乗るから。
一度くらい、そのチャンスがめぐってきてもいいんじゃ・・・

あ、いっけねいっけね。
気づいたら、己の欲望をブログに書き記していた。
失礼しました。


あ~あ・・・
メンバーはいついかなる時も、健くんと密着してるっていうのに。
もう慣れ過ぎて、健くんがどんだけ近くても、何の違和感を感じないくらいぎゅうぎゅうしているっていうのに。

おそらく、V6の距離感がやたら近いのも、ボディタッチがやたら激しいのも、全ての発端は三宅健に違いない。



井ノ原「あれ?長野くん今、カメラ目線じゃなかった?
長野「(笑)見てない見てない

長野くんのことに関しては、何事も見逃さないイノッチ。

そんな会話をしている最中、ギーネーと納豆の入ったパックを無言でイノッチに手渡す坂本くん。
それを長野くんと話しながら受け取って、元の位置に戻すイノッチ。


完全に、一般家庭の食卓の1コマ。
言葉がなくても通じ合えている関係性。
完全に家族。

何あの、ナチュラルなパックの受け渡し。
互いの目も見ない、言葉も交わさないで、パックの受け渡しが出来るこの関係性。

しかも坂本くんがどこかこう、先輩感を出してる感じ?
年功序列が表れてる感じが、夫婦というよりも、息子と父親の阿吽の呼吸に感じる。



Willの間奏。
井ノ原「ズンズンズン、パン!!プッププン
健「ハッ!
井ノ原&健「プッププ
健「プッププデンデンデン
井ノ原「ハハ~ハッ!!」
健「ププププン

急にクオリティの低いボイスパーカッションみたいなことを披露した2人。
やけに2人して息ぴったりだな~と思ったら・・・

坂本「そういう振り、つけちゃったからね
井ノ原「(笑)うん

え、かわいい。
こんなクールな曲なのに、さとう珠緒を彷彿とさせるような“プッププ”とか“ププププン”とかいう音で振りをつけちゃってったの?
メルヘン。
Willがまさかのメルヘン。


曲はSPへ。

健くんの「follow me now♪」の部分を見ながら、またしても「フォロミーナウ♪」と健くんパートをマネする剛くん。
しかもオートチューンで加工された健くんのマネを、その場で出来ちゃうという、なかなかのクオリティの高さ。
さすが、キャラメルボイス同士。


SPあたりから、なんか・・・オカダくんが、
首がまだすわってない赤ちゃんみたいな座りかたになり始めた。
目もトローンとしちゃって。

ねむいのかな???


ちなみに剛くんは、靴を脱いで、ソファに足をのっけてくつろいでる。
家でもこんな風にして見てるのかな?と想像が出来るくらいリラックスモード。


2番の健くんのソロの部分になると、手と首でリズムを取り始める剛くん。
それとほぼ同じタイミングで、健くんもリズムを取り始める。

ほんとに、この2人は行動するタイミングが同じ。
男女だったら、お互い意識しちゃうくらい気が合う。


井ノ原「これ、どっかの会場でさぁ、気づいたら誰か1人違う方向にいなかったっけ?
健「剛じゃない?
井ノ原「剛だっけ?

と、話題になってる当の本人は、かっこよくリズムを刻んでいる。
名前を言われているのに、刻むことに集中している剛くん。
さすがわが道を行く男。

井ノ原「パンってついたら、全然違う方向に1人で向いてるの
坂本「あったね
剛「俺かも

すっごいクール。
“誰か間違えてる”話の張本人、すっごいクール。
リズム刻みながらの「俺かも」

健「剛だよ剛
井ノ原「剛だっけ?

「剛だよ」と確信を持っている健くん。
「俺かも」とほぼ認めている剛くん。
「剛だっけ?」とまだ半信半疑なイノッチ。

剛くんでさえ「俺かも」と”かも”をつけているのに、自信満々に「剛だよ」と言えちゃう健くん、さすが。

で、“違う方向に何で行ったの?”とかそういう質問無しで、“剛”だったかどうかの確認でこの話題は終了。
も~面白い。
話広げてこ~。V6。
コメンタリーだから、話広げてこうぜ~!!


SPが終わったあと、手巻き寿司をつくるために床へ降りる健くん。
そして「ふえぇ~

また~!!またかわいいため息ついた~!
絶対確信犯~。それでも私は言う。


かわいい!!!!!!


これ、字幕設定で見ると、健くんのため息の声が字幕として出てこないのは
“ため息”だからなのかな?。
それとも字幕担当の人が、36歳の男性がこんな可愛いため息を吐くことの現実を信じられなかったからかな?

私だけに聞こえている“天使の歌声”とかじゃないよね?


画面をじっと見つめているから、みんな心無しか、少し疲れが出始めている。
特にオカダくん。
きっと忙しい中での撮影だっただろうし、喋らないから余計に睡魔が襲ってきちゃう。
・・・まだあと50分くらいはあるよ!頑張って。


ということで、ここで一旦終わります。

続く・・・。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。