れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

30分クッキング その2





調理の開始。
まず卵を割ります。
普通の料理番組だと、熱したフライパンの上に卵を割るというスピーディーな部分なのですが・・・こちらの番組は違う。

まずボールの中に割った卵をじっくり観察しちゃう。

そして・・・
ナレーション「続いては下ごしらえ」

下ごしらえ・・・。
目玉焼きで・・・下ごしらえ・・・?
あれかな?塩コショウとかを先に加えるのかな?

長野「黄身と白身を分けますよ

オッケー、黄身と白身を分けよう。
話はそれからだ。

黄身と白身を分けて、・・・さらにザルを使って、白身を水溶性卵白というものと、濃厚卵白というものに分ける。

ノブ「なにしてんすか!?長野さん(笑)」

料理番組では聞きなれないツッコミ。“なにしてんすか”。
もはや事件性を感じる。

そんなノブさんの声を聞いているのか、いないのか。
博はマイペースに白身を分けている。

そして、ナレーションも
「ザルでこすことで、水分の多い水溶性卵白と、水分の少ない濃厚卵白に分ける。同じ白身でも、固まる温度が違う。そんな微妙な違いも見逃さない長野であった」

卵白を分けるということに何ら疑問を抱いていないナレーション。
そしてちゃっかり長野くんを“微妙な違いも見逃さない”なんて褒めちゃうナレーション。
出演者も番組スタッフもほぼ男だっていうのに、だいぶ愛されている。
さすが、男性から「かわいい」と言われる男・長野博。


ここでようやく焼きます。
するとノブさんがあることに気づく。

ノブ「炭火じゃないんですか?」
バーベキュー場にきたのに、コンロを使おうとする長野くん。

ノブ「炭火じゃないんですね?釜があるからてっきり炭かと思ったら」
長野「ガス!
ナレーション「あえてガス!

もうね、“ガス”ということに対して視聴者に有無を言わせる隙を与えない長野くんとナレーションの見事な連携プレー。


コンロの上に網を置き、その上に土鍋を置く。

そして、レーザー温度計で温度を測る博。
コンサートでもレーザーを使い、料理でもレーザーを使う男。


まずは黄身だけを入れて1分。
その様子を見たノブさん。
「実験じゃん、もう」
おっしゃるとおり。
ノブさんの一声一声が、私を現実に戻してくれる。


黄身をゆっくり優しく落とすのが重要らしく、その理由は・・・
長野「口ざわりが変わるの。卵黄球っていうのがあって、衝撃を与えると破壊されて、口ざわりが悪くなるの。

サラっと、専門用語を発したね、今。
ノブ「卵黄球?」

さすがノブさん。
ノブさんの“普通”な感覚が非常にありがたく感じるこの番組。

長野「卵黄球。これ大事
ノブ「ほんまにあるん?」
ナレーション「あるのだ

積極的。ナレーションが実に積極的。
長野くんを疑うのか!?と擁護するかのごとく、俊敏に反応してきたナレーション。
我々に「あるの?」という疑問を投げかける隙すら与えないほどに、食い気味に「あるのだ」とバカボンのパパ口調で宣言。


続いて、濃厚卵白を入れて2分。
水溶性卵白を入れて1分。

ノブ「おもしろい番組ですね」
長野「うれしいわ~
ノブ「なんか、すっげぇグルメ番組してる気持ち半分と、おもしろいコント撮ってるみたいな」
長野「(笑)」

長野「大丈夫?付きあわせてない?
ノブ「いやいやいや、もうめちゃくちゃ楽しいです」

マイペースかと思いきや、ちゃんと気遣いも忘れない博。


さぁ、時間が経ち、完成!かと思ったら
火をつけたまま蓋をして3分。
そして火を消して3分。

長野「時間をかけるとね、ちゃんと味でかえってくる

あ、すごい良いことを言ったぞ。
確かに、V6も時間をかけてどんどん良い味でかえってきている。
まぁ、これは目玉焼きの話だけど。


完成を待っている最中、長野くんが太らないという話題になり、何かトレーニングをしているのか?と聞くノブさん。

長野「俺、今すでにやってるよ
ノブ「あははははは!!!」
長野「分からないでしょ?
ノブ「達人か!」

ノブさんにレクチャーする達人。
息を吐きながら、おなかを引っ込めてキープ。
長野「で、お尻しめて、思いっきり。これで10秒
苦しみの表情を浮かべるノブさん。

長野「あ~お尻いいね、お尻いいよ。ケツ筋
どうしたってお尻に注目しちゃう、それがV6。
これを長野くんは3セットやっているそうです。

ノブ「これをキープしながら、食を楽しめるって最高ですよね」

やっぱり長野くんもアイドルとして活動するために日々努力をね、

長野「そうそう、やっぱり美味しいものを食べるためにそういうことやってるよ

あ、美味しいもの食べるためにね・・・。



東京から来て7時間。
ようやく究極の目玉焼きが完成!

蓋を開ける。
長野&ノブ「わぁーーーーーー!!!」
長野「綺麗!
ノブ「完璧!」

ノブ「すげぇ!ほんとすごいっすね!!」

目玉焼きと感動のご対面を果たす2人。

ナレーション「あのコケコッコ通りから7時間。長野の美学がつまった目玉焼きがついに完成。白身、そして黄身が絶妙なバランス。夕陽にキラキラと輝いている」

ナレーションも詩人みたいなこと言っちゃう。


比内鶏を育て、卵を分けてくれた関口さんも迎えて、3人で試食。
ここからはもう、普通の料理番組と同じで食べるだけ・・・なのですが、

長野「じゃあ、白身だけからいきますね
ノブ「なんでぇ?」
どうしたってツッコミが必要。

長野「おぉ!ほら!温泉たまごみたい!

長野「うまい!あ~すごい!たまごの味がすごいですね!
ノブ「うま!うま~い!!」
関口「うん。おいしいですね」
ノブ「海のカキくらいの旨味ありますよね」
長野「わかる

続いて、トロトロの黄身。
長野「びっくり!おいしい!濃厚ってだけじゃ片付けられない味がする
ノブ「濃い~!!濃い~~~~!!!」

続いて調味料が登場。
長野「秋田といったら魚醤
関口「しょっつる?」

塩漬けにしたハタハタから作られた醤油のようなもの。

長野「あー。合うねー!!醤油より好きかも
ノブ「うまぁーー!!うまぁーー!!怖い怖い怖い!旨味がすごい!」

見るからに美味しそうな究極の目玉焼き。
河川敷のバーベキュー場で、目玉焼きをうまいうまい言いながら食べる大人3人。
ちょいシュール。


長野「今日、目玉焼きでしたけど、まだまだいろんな食材ありますからぁ
ノブ「そうかぁ」
長野「全国ちょっと色々いきたいなぁと思いますけれどもね
ノブ「だからその、ド派手なやつはしないんでしょ?」
長野「たまには、そういうのもいいんじゃない?そういうのもいれつつ、野菜でもいいのあるじゃないですか?
ノブ「野菜(笑)」

もう笑うしかないノブさん。

長野「さつまいもとか、焼き芋とかすごいのあるよ
ノブ「焼き芋?焼き芋の30分?」
長野「30分で足りるかな~
ノブ「足りるって!」

この見事なボケとツッコミ。
なかなかの名コンビ。

ノブ「長野さんと1日今日初めて、お仕事やらしてもらって、ちょっと失礼ですけど、V6が副業になってないですか?」
長野「いやいや(笑)
ノブ「なんか僕のイメージなんですけど」
長野「V6ありきの目玉焼きですから(笑)


V6ありきの“料理”じゃなくて、V6ありきの“目玉焼き”。
どこまでも目玉焼きをフィーチャー。

ツッコミどころ満載の長野くんだけれど、作っているときの姿はかわいく、かっこいい。
謎の発言が多いけれど、やはりアイドルだな・・・と感じさせられるたたずまい。


近年の料理番組は、いかにスピーディーに、いかに時間を短縮させるかをテーマにやっていることが多い。
キューピー3分クッキングなんて、“3分”という時間制限があるというのに、この番組は目玉焼きに30分使うという贅沢さ。

料理番組によくある「はい、こちらが10分煮込んだもので~す」なんて、どっかから出来上がったものが出てくる演出は一切無い。
なんなら時間を持て余している。


普通の料理番組かと思っていたけれど、ノブさんが言っていたように、料理番組に見えて、ノブさん(ツッコミ)と長野くん(ボケ)のコント番組に見えてきてしまう。
長野くんはボケているつもりはないけれど、明らかに何かがおかしいのだ。
さらにナレーションも長野くんにのっかるもんだから、視聴者はナレーションにツッコミを入れたくなる。

ある意味、視聴者参加型番組。


では最後に、今日の目玉焼き作りをおさらいしましょう。
是非参考にしてみてください♪

① 秋田県に行きます。
② 産み立ての比内鶏の卵を獲りに行きます。
③ 河川敷のバーベキュー場へ行きます。
④ 手のひらサイズの土鍋、網、ザルを用意します。

⑤ 卵を黄身と白身に分けます。
⑥ 白身を水溶性と濃厚卵黄に分けます。
⑦ “あえてガス”を使い、コンロの上に網を置き、さらに土鍋を置きます。
⑧ レーザー温度計で温度を測りましょう。

⑨ 卵黄球が崩れないように黄身を優しく入れます。
⑩ 濃厚卵白を入れて2分待ちます。
⑪ 水溶性卵白を入れて1分待ちます。
⑫ 火をつけたまま蓋をして3分待ちます。
⑬ 火を消して3分待ちます。
⑭ その間に、お腹とお尻を引き締めるエクササイズでもしておきます。
⑮ 蓋を開けましょう。完成です。調味料はしょっつるです。


・ ・・・・出来るか!!

というのが、この番組のオチかもしれない。
視聴者の心のツッコミがオチになるという斬新な番組。

いやぁ、30分目玉焼きなんて、いくら長野くんが出演していても退屈だろう・・・と思っていたけれどなかなかの面白さだった。
何よりも長野くんが子どもみたいに楽しんでいるのがかわいい。
カミセンがいるときはお母さんみたいなのに、1人のときは末っ子力を発揮。

いつかまたこのコント番組・・・じゃなかった。料理番組が見られますように



スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.11/14 05:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

長野君、あなたは何者^^ 

れもんさんのブログ、長野君のコント番組見ているのに(おっと、料理番組でした)また、笑ってしまいます。
私が見逃していたつぼを、再確認させてもらっていつも楽しみにしています。因みに戸惑いの惑星の公式ホームページ、裸!!
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.11/19 21:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム