れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

愛されすぎている男 その2





CM明けの提供テロップ。
そこに舞台裏で待つV6が登場。

イノッチ坂本くんが映り、剛健が映り、岡田くんが映る。
そしてカメラは下を向け5人の手元を映す。
5人が持ち上げていたのは・・・

あれ?これは・・・魚かな?
釣り上げられて、生きる気力を無くした魚かな?


正解は新婚の長野博。
メンバー5人に抱えられながら、まっすぐ横向けになり、生きているのかいないのか、それすらも定かではないってくらいの無表情を決めている長野博。


新婚さんに何をさせている、V6よ。
そして何をしている、長野博よ。

2008年のVIBESコンで披露していたポーズがまさかのここで復活。
簡単そうに見えて、かなり腹筋を使うらしい。


新婚という確実にハッピーな状況なのに、釣られて瀕死状態の魚のごとく、無表情を決め込む長野博。
表情がまったくもってコングラッチュレーションじゃない。

私の予想としては、長野くんをセンターにして、仲良く肩を組むというシチュエーションを思い浮かべていたのですが、新婚さんを横にするというまさかの発想。

ほんとにね、長野くん、怒ってもいいと思うんだ。
ただ、絶対これ長野くんノリノリでやってるでしょ。
無表情だけど、心はウキウキでしょ。
ウキウキで瀕死の魚になってるでしょ。
あ~結婚しても、博は全力でくだらないことをしてくれるのね。

全く浮かれた様子がなく、シュールな方向性を攻めていくV6。
もはや既婚者2人目という貫禄すら感じる。


しかも6人が映ったとき3行の提供テロップが、誰一人として顔に被らないという奇跡。
あんなに画面いっぱいに、提供のテロップが表示されてるのに、全員、顔が無事という、さすがスーパーアイドル。
身長差と横になった博が生んだ奇跡のテロップ芸。職人技。

そしてそんなV6を見て、舞台上で
「長野くん!」「あ、長野くんだぁー!!」「大丈夫~?長野くん」
と「長野くん」を連呼する集団がいた。

その名はTOKIO。

自分たちの出番なのに、極上の笑顔で「長野くん」を連呼するかわいすぎおじさん。
この数分で、流行語大賞狙えるんじゃないかってくらい「長野くん」「長野くん」と連呼。

松岡「あの人芸能生活30周年だよ」
長瀬「長野くん、かつおみたいになってたね」

あ~かわいい!!
TOKIOも年下組が「長野くん長野くん長野くん」と止まらぬ長野くんへの想いを持っているのね!!あ~かわいい。

年下の男性にも年上の男性にも愛される長野博44歳。

ちなみに今年のTOKIOの1年は「絶滅危惧種を見つけることが出来た」だそうです。



そしていよいよV6の登場。

櫻井「本日とっても大きな発表がありました。長野さん、どうもおめでとうございます!!」
長野「ありがとうございます」
櫻井「是非ですね、テレビの前のみなさんに一言」

あぁ~とうとう・・・とうとう長野くんの口から「結婚」の2文字が出てきてしまうのね。


長野「え~、本当にみなさんの声援に支えられて、え~僕たちV6、そして今の僕があると思っております。え~これからも温かく見守ってくれたら嬉しいと思います。え~そして応援のほうもこれからもよろしくお願いします。ありがとうございます

あ、「結婚」の2文字を言わなかった・・・。
普通のお礼メッセージだった。
思わず「セーーーフ!!」と安心する私。


なんて誠実なメッセージ。
あえて「結婚」という言葉を使わず、いわば“普通”のお礼メッセージを私たちに丁寧な口調で述べてくれた。
私はそれを勝手に、ファンへの気遣いと解釈しています。

ありがとう博・・・。
さっきまで瀕死の魚だったとは思えないくらい美しいよ。
鮮度抜群だよ。


メンバーからも一言。

坂本「デビュー21年になって、その前ですから僕は特に

“僕は特に”ですって!!ヒューヒューだぜ。
坂本くんはたまに不意打ちで、長野くんとのヒューヒュー自慢織り交ぜてくるもんだから油断ならない。

坂本「まぁ、井ノ原もね。だからえっとぉ~あ、芸能生活30年ですね
長野「はい(笑)ありがとうございます。

この時、まっすぐな目で坂本くんを見る長野くんが可愛いったらありゃしない!!
目がもう、シロクマの赤ちゃんかな?と思うくらいクリクリしている。
あんな至近距離で、あんな可愛い目で見つめられってるっていうのに、平常心を保てる坂本くん。さすが“僕は特に”の男。

坂本「おめでとうございます
井ノ原「リサイタルやったほうがいいよ」←まだ30周年のリサイタルを諦めない男。


岡田「もう、メンバーのしあわせは、ぼくたちのしあわせですから。うれしいです。
おめでとうございます


剛「おめでとうございます。末永くお幸せに
さすが。シンプルイズベストの男・森田剛。

剛くんの言葉を聞いているときの長野くんの顔が完全にお母さんだった。
母の微笑みだった。


健「あの~、僕が長野くん狙ってたのに、残念です
井ノ原「やばい関係だな(笑)
櫻井「(笑)それは本当に残念です」
健「でも、これからも冷たくしないでください
長野「はい

さすが健くん。ファンを「フゥーーー!!」とさせるメッセージ。
「狙ってたのに」発言もなかなかの「フゥーーー!」だけれど、37歳が44歳に「これからも冷たくしないでください」というお願いにも盛大な「フゥゥウウウ~~~!!」を捧げたい。

しかもそれに対して長野くんも「はい」なんて素直に答えてるもんだから可愛くて仕方ない。
37歳と44歳による「冷たくしないでください」「はい」という誓いの言葉。
37と44といっても見た目は、子犬とシロクマの赤ちゃんという奇跡のかわいさ。

あと、櫻井くんの「それは本当に残念です」が後からジワジワと笑いを誘う。
先輩の叶わぬ想いに残念だと思ってしまったんだね。”本当に”残念だと思ってしまったんだね。
しかも、ちょっと笑いながら言っていたものの、声のトーンがなかなか深刻だったのが面白い。

井ノ原「長野くん、並びにご両家の皆様。このたびはおめでとうございます。本当に、末永くお幸せに。これからもよろしくおねがいします

お堅い挨拶で笑いをとるイノッチ。さすが。


スタンバイのため、ステージへ移動するV6.
しかしその瞬間、あるサプライズが長野くんに待ち受けていたのです。


続く

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム