れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

40歳が行う悪戯 






アイドルはトイレに行かない。なんていう幻想は当に昔のこと。
今のアイドルは、紅白でカンチョーだって披露する。

あけましておめでとうございます。
新年初の記事の冒頭がカンチョーの話題で申し訳ありません。
こんなブログですが今年もよろしくお願いいたします。


2016年 紅白歌合戦


出演者が舞台上に並ぶ。
最前列にいるカミセン。
その後ろにトニセン。

2015年の紅白では、背が小さいという宇宙1可愛い理由で、埋もれがちになっていた剛健。

それをNHK側も察したのでしょうか?
最前列です。
最前列で誰よりもミニマムな剛健。
なんてかわいいのでしょう!!!・・・。


白組のトップバッターは関ジャニ。

ズッコケ男道の振り付けを出演者も。
その中で私の瞳に映る圧倒的にかわいい「イェイイェイ」と「ブンブン」をしている剛健。

普段はV6の荒くれものとしてヤンチャな2人なのに、人見知りを発揮しちゃって、控えめに「イェイイェイ」「ブンブン」している姿が可愛いったらありゃしない。


紅組トップバッターはパフィー。
曲が始まると同時に剛健が2人でなんか話している~~かわいい!!。
パフィーが北京ベルリンダブリンリベリアしてるときに、剛健なにか話している!


存在しているだけでも可愛いのに、さらに2人で会話しちゃってるなんて
チップとデールを彷彿させる愛くるしさ。
私がカメラマンならパフィー差し置いて、剛健をアップで映してる。


「カニ食べに行こう」では、両手で交互にパンチをする振り付け。
もうそれをする剛健が可愛くて可愛くて!
カニ50個くらいおごっちゃう。可愛すぎて。

冒頭から剛健が可愛い。
この剛健の可愛さに勝てるのは、ゲスト審査員のガッキーくらい。
ガッキーと剛健でなんとか勝負が成り立つくらい可愛い。



セクシーゾーンの出番の時、2年連続登場してくれた「セクシーなゾーン見つけちゃうぞ」おじさん(岡田くん)が今回は不在・・・。
代わりにトレンディエンジェル。


V6の登場は郷ひろみさんの次。


相葉「V6といえば、今年はおめでたいニュースがありましたよね?坂本さん、ね?」
坂本「え~・・・
考え込み、口をグチャと歪める。
その歪みっぷりといったら、一瞬CGが坂本くんに舞い降りたかと思うほど。

坂本「実はですね、なんと!今年、僕自身、初のソロコンサートをさせていただきました。
相葉「いや、おめでとうございますなんですけど、違うんですよ」

V6お得意の茶番の開始である。

相葉「もっとプライベート的なことであるじゃないですか、健くん、ね!」
健「はいはい。なんとわたくし、人生初ですね、今年、骨折しまして
井ノ原「そうなんだよ。大変だったんだよなぁ
心配そうな顔で、健くんをがっつり見つめる長野くん。
健「なんとか無事に今、完治しました

相葉「違う違う、骨折は別にめでたくないですよ。あの長野さん、ご自分から…言いづらいでしょうけれど」
長野「大変恐縮ですけれども、わたくし長野博、今年無事に食べ歩き1000件達成しました!
有村「おめでとうございま~す!」

相葉「違うんですよ~。ほら時間無くなっちゃった。スタンバイお願いします」
井ノ原「何ピリピリしちゃってんの?どうしたの?
と言いながら、相葉くんのお尻をタッチする。

とうとう紅白でお尻をタッチしました。
しかし、このあと、お尻のタッチなんて可愛いもんだったと思える光景が待ち受けていたのです。

相葉「V6、スマイルメドレーです。長野くん、結婚おめでと~!!!」
井ノ原「あぁそれか!

そう、それだ。

1曲目はWAになっておどろう。
冒頭の坂本くんのソロ。
何故か体をがっちり堅くしている坂本くん。


坂本くんを囲む5人。
イノッチが坂本くんの背後に近づく。
下にかがむ。

坂本くんは体をカッチカチに固めたまま直立不動。

そんな坂本くんに対しイノッチがおこなった行動は


カンチョー


誰が、WAになってカンチョーをしろと。


しかし、坂本くんはお尻をキュっと固めていたため、カンチョーを見事にガード。
跳ね返されるカンチョーフィンガー。
痛めたしぐさをするイノッチ。


大晦日に何してんだいV6。


くだらなさすぎて笑いが止まらない。
やることが小5なおじさんたち。かわいい。

メンバーもイノッチのカンチョー未遂に爆笑。

40歳と45歳のカンチョーバトル。ベリー無邪気。
もはや”タッチ”では物足りなくなったのでしょうか。
カンチョーへと進化を遂げた。
しかしリーダーは完全にガード。鉄壁のオケツ。

何事もなかったかのように「うじゃけた顔してどしたの?」と歌い始める。
いや~こっちが聞きたい。
どしたの?って。

カンチョーなんかしてどしたの?って。

客席へ降りて、お客さんとハイタッチをしながら2階へ。
男性のお客さんが急に立ち上がり岡田くんに握手を求める。
よかった~握手で。
急に立ち上がったから、一瞬ヒヤリとしたけれど、
冷静に考えると、岡田くんに無謀にも立ち向かう男性なんていないか。
すぐ倒される。


2曲目はハニービート。

今回も副音声はバナナマンのお2人。
今年も「さかもとく~ん!!!!さかもとく~ん!!!!!さかもとく~ん!!!!」と熱狂的な坂本ファンぷりを披露。


”スマイルメドレー”なのでビリーブユアスマイル歌うんだろうな…と思っていたけれどこの2曲で終わり。
まぁでも、じわじわと面白いカンチョー未遂を見られたので満足。


紅白出場歌手全員で歌う「ふるさと」にもV6参加。
しかも、司会の2人の後ろというベストポジション。

しっとりとおだやかな曲。
有村架純ちゃん、相葉くんの後ろで、腕を組んで歌っているイノッチと岡田くん。

あれ・・・見間違いかな?目の錯覚かな?

ほかは誰も腕なんて組んでないのに、こちらのおじさん2人平然と腕を組んでるぞ・・・。


途中、私はもう1つ目を疑う光景を目にした。
イノッチ・・・坂本くんとも腕を組んでいる。
ちょっと…かわいいんですけど~。
みんな真面目に歌っている中で、楽しそうに腕組んじゃってる40歳かわいいんですけど~。


カメラが引いて、全体を上から映す。
明らかに、ほかの人たちとは密着度が違う3人。


歌も終盤へ。
健くんが瞳をうるうるさせながら歌っている。なんとも美しい。
有村架純ちゃんが、優しくうっとりとした表情を浮かべながら歌っている。


その後ろでおじさん2人の絡み合う腕がばっちり全国放送。
満面の笑みのイノッチ。

カメラは可愛い有村架純ちゃんを映したい。
しかし、架純ちゃんをアップで映せば映すほど、もれなく腕を組む岡田くんとイノッチもばっちりと映りこむ。

架純ちゃんかわいいな~と思ってても、どうしたって、後ろの腕組みおじさんに目が行く。
存在感抜群。

はぁ~かわいい。イノッチ。
架純ちゃんに負けないくらい可愛い。


続いてV6が登場したのはキンキの応援にて。
キンキが舞台上でスタンバイしている最中・・・
相葉「イノッチ先輩」
井ノ原「なんだよぉ」相葉くんに近づく。
相葉「昨年、白組司会でしたよね?」
井ノ原「フゥ~~~~~~~!!!

奇声を発しながら相葉くんと肩を組むイノッチ。
相葉「僕どうですか?」
井ノ原「全然大丈夫だよ。トゥギャザーしてるじゃ~ん!!

突然のルー大柴。

この後、V6はおそらくカウコンへと移動したのでしょう。
イノッチのルー大柴を最後に、映ることは無かった。


嵐の大トリが終わり、いよいよ結果発表へ。
視聴者審査では圧倒的に白が勝利。
会場審査でも圧倒的に白が勝利。
最後のボール(ゲスト審査)では赤が勝利。

誰もが白組の勝ちを確信した。
しかし、アナウンサーが発した言葉は「紅組優勝!」

ん?Why?

紅組司会の架純ちゃんも「え?なんで?」と素直に驚く。
私も「え?なんで?」と一瞬疑問を持つ。
五木ひろしも驚きを隠せない。

どういうことだろう。

あれかい?
イノッチのカンチョーが未遂に終わったから減点されたのかい?
あのカンチョーが坂本くんの強固なオケツによって、打ちのめされてしまったから減点されたのかい?
そもそもカンチョーが減点かい?


それともあれかい?
「ふるさと」で可愛い架純ちゃんをアップで映そうとすればするほど、イノッチと岡田くんの腕組みがクローズアップされてしまったのが減点なのかい?
おじさんの腕組みが減点対象になったのかい?


それともあれかい?
ゲスト審査員のガッキーがかわいいからかい?
ガッキーの持ち点が5億点なのかい?


白が勝とうが、紅が勝とうがどっちでもいいのだけれど、
五木ひろしもびっくりしていたので、これはタダゴトじゃないな!と。

まぁ、紅組優勝の内訳はよく分からないけれど、イノッチが司会の時だけ負けにならなくてよかったというちょっとした安心感が生まれる。

なによりも、私は40歳のイノッチが45歳のリーダーにカンチョーを挑み、それを坂本くんは鉄壁のオケツでガードし、カンチョー未遂に終わったことが、猛烈にうれしい。

未遂に終わったことがうれしいのではなく、彼らの消えることのない少年心が嬉しい。
まぁ、未遂に終わったのもよかったけど。
あのまま、イノッチのフィンガーが坂本くんのヒップにホールインワンしていたら、NHKとしてはちょっとした放送事故になりかねない。


坂本くんにカンチョーしたり、岡田くんと坂本くんと腕を組んで1人満面の笑みで「ふるさと」を歌ったり、ルー大柴になったり・・・

昨年の司会という緊張から開放されたからなのか、2016年はやたら無邪気でかわいいイノッチ。


カンチョー。
ウィキペデイアにはこう記されている。
”日本の子供が行う悪戯”

子供が行う悪戯を紅白の場で堂々とチャレンジする40歳。
それを笑顔で見るかわいいカミセンと長野くん。
そして鍛え抜かれたケツ筋でガードする坂本くん。
ほんと、無邪気でかわいいグループだこと。
2016年。記念に残るナイスカンチョーでございました。


スポンサーサイト

Comment

剛健 

はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいていますが、初のコメントです。
2016年も最後まで素敵なV6でしたね。
「ふるさと」の歌い始めの時、かすみちゃんの後ろに小っちゃく隠れている剛くんが、隣にいる健ちゃんの足に、マイクを持った手でちょんちょんとちょっかいを出すところがありますよ。すっごく可愛いので、もしよかったらもう一度見てみてください。
  • posted by すず 
  • URL 
  • 2017.01/02 13:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/03 10:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム