FC2ブログ

れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかけるおじさん その1





TOKIOとトニセン。
ラーメンと半チャーハンくらいのこってりさとお得さを感じる。

何度も何度も聞いたことのある話だけれど、何度も何度も聞いても面白い。
飽きることのない味。

TOKIOカケル ゲスト:トニセン


番組始まった~~!!!
と思ったらいきなり、「トニセンの、うまれて、はじめて、きかれましたぁ~」なんて子犬3匹が言うもんだから、かわいい~~!なんて思っていたら、トニおじさん3人だった。

私ったら、恋は盲目”にもほどがある。
40代のおじさんを「子犬」だと思っちゃうんだから。
「あばたもえくぼ」ならぬ「おじさんも子犬」状態。

しかも声を出さずに「せーの」なんて、合わせちゃって!
どこぞの新人女性アイドルかと思った。


中島みゆきの「時代」をBGMにJrから現在までのトニセンとTOKIOの写真が流れる。
現役のアイドルなのに、哀愁しかない。


トニセンとTOKIOの8人ショットを見て松岡くんがつぶやく。

松岡「老けてるなぁ~~」

松岡くん、そんな素敵なお顔して「老けてる」なんて言ったら、温水洋一に怒られちゃうよ。
私は8人が映った瞬間に「わぁ~妖精が8人もいる~~」だなんて、確実に正常な判断を見失っていたというのに。


ジャニーズ事務所に入った順番を整理。

まず最初はやはりこの男。
86年に入所。長野博。


井ノ原「光GENJIの最初のローラースケートの練習は参加してるの
長瀬「え、じゃあ光GENJIだったかもしれない?」
長野「あとでジャニーさんに言われた。YOU入れればよかったよって
長瀬「まじっすか!?」
山口「良かっ・・・良かったじゃない(笑)」

山口くんの発言に対して、芸人さんのごとく俊敏な速さでつっこむ7人。

そんな中、山口くんの肩をそっと触り,ニコニコ顔でなだめる長瀬くん。
「問題発言」と口元に手を当てながら言う姿が、オネェで可愛かった。
オールバックなのに突然のナチュラルオネェ。



続いて、87年に移ろうとしたところ、茂くんも86年7月入所で、実は昨年、長野くんと同じく芸暦30周年を迎えていたことが判明。

TOKIOも知らなかったようで
松岡「長野くんのことが強烈すぎてこっちスルーしちゃった(笑)」
山口「言えよ~」

自分のことよりも長野くんの30周年を祝った茂くん。
ほんとに、「ジャニーズのおかん」と表現したいくらい懐が深い。
そして自分たちのリーダーのこと忘れて、長野くんのことばかり祝ってたTOKIO。
かわいい。


87年入所は太一くんと坂本くん。

太一「中1で入って、坂本くんも同じオーディション」
松岡「これ何月?」
太一「何月だっけ?2月…」
坂本「寒かったね
全員爆笑。
井ノ原「そういう覚え方かよ
長野「雑だなぁ~

津軽海峡での出来事かな?と思うくらい「寒かったね」の言い方に哀愁があった。
東京の「寒かった」だからそれほどでも無いはずなのに、津軽海峡で凍える様子が見えた。

太一「坂本くんトレーナーだったもん寒くて。動物柄の」
長野「(うなずきながら)動物柄の
井ノ原「坂本くん動物柄のよく着てたよね

動物柄のトレーナーというなかなかの衝撃的なファッションに対して、余裕のうなずきを見せる長野&井ノ原。

太一「動物で真ん中にZOOって書いてある」
全員爆笑。

坂本くんの私服エピソードは、毎度オチが優秀。
前にもアニマル柄のビキニパンツ履いていたこと暴露されていたことがある。
動物柄のトレーナーにアニマル柄のパンツ。
ZOOに次ぐZOO。


続いて、88年入所は山口くんとイノッチ。

当時はTOKIOに坂本くんがいたり、SMAPに坂本くんと太一くんが入っていた時期があったりなど、メンバーシャッフルがよくあったという。

ここまでの歴史を振り返って太一くんが一言。
太一「ここホントに地味な6人だったよね」


松岡「で、こっからスターが入ってくるから!!!!!」
長瀬「ハハハハハハハ!!!」
松岡「スター軍団が!!!」

ほんとに松岡くんはいつも元気一杯でかわいい。

そのスター軍団第一号、松岡昌宏!

松岡「1つ言っときますけど、ここまで(88年まで)は昭和ですからね。平成、一番最初は自分なんですよ」
太一「(松岡くんの写真を見て)こっから顔つきがちがうじゃない」
井ノ原「そんときの写真じゃないからね(笑)

いちいち面白い。
いちいちコント。

ジュニア時代は太一くんが恐かったと話す松岡くん。

松岡くんの話に夢中になって思わず普段の一面が出ちゃってるのかな?
トニセン3人の距離感がギュウとなっています。

かわいい。
もう何らかの動物の習性かな?と思うくらい、トニは隙あらばギュウっとなってる。
カミセンがいなくてもギュっとなっちゃうトニおじさん。
カミセンの距離の近さが無意識のうちに染み付いた模様。


続いては長瀬くんの入所時期。
ところが、長瀬くんはいつ入ったのか記憶が曖昧。

松岡「俺覚えてるのは~、長瀬のオーディションは90年の…」
井ノ原「お前すごいよね!記憶がね!

V6の中で記憶力抜群のイノッチにも「すごい」と言わしめる男、松岡昌宏。

松岡「90年の5月くらいのオーディション」
長瀬「それですっ!!」

なんかもう、哀愁漂わせている平家派に囲まれながら、一際、無邪気なスマイルで発言する長瀬くんがかわいい。

太一「1年置きにみんな入ってるんだね」
松岡「意外と近いね」

V6とTOKIOは、カミセン以外みんな1年ずつ入所。
ここでカミセンが入らないってところにカミセンの可愛さがある。
カミセンだけは別っていうのが最高に可愛い。


続く・・・


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。