FC2ブログ

れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の腹黒い男は一体・・・  その1





ホンマでっか!?TVといえば2014年に健くんが出演し、尾木ママから、健くんの性格は「V6のせい」という、こちらからすれば最高の褒め言葉をいただいたことは忘れられない記憶として残る。

V6のせい=V6のおかげだと解釈。

「V6のせい」といっても、そのあとの尾木ママの説明をきくと、確実にトニセンのせい。
トニセンをお父さんとお母さんに例えて、尾木ママが「お父さんとお母さんに囲まれてわがまま放題よ~」と最高の言葉を健くんに向けて言っていたことは、私のエネルギーの源でございます。

今回は、そんな健くんの保護者的存在であるトニセンがゲストです。


ホンマでっか!?TV ゲスト:トニセン


腹黒いかどうかが分かる人間性診断。
専門家の先生が各々質問。
その結果によって誰が一番腹黒いかを決める。

果たして、メンバーから「腹黒い」と言われる長野くんか。
それとも「良い人」イノッチか。
それともジャックナイフの異名を持っていた坂本くんか。


面倒な誘いを断る時、メールで断りますか?
はい→坂本・長野  いいえ→井ノ原

この質問で、嘘をつきやすい腹黒い人が分かる。
結果は「いいえ」と答えたイノッチ。

なんでぇ?なんでぇ??」と不服そうに反論するイノッチが子供みたいでかわいい。


何故、腹黒いのかというと、メールは残るけれど、電話は残らないかららしい。

法律評論家堀井先生「弁護士として、色んな事例を見ていると、やっぱりサギ師はメールでやり取りを絶対に残しません。」
井ノ原「そんなことまで話いっちゃうの??そんな話じゃないでしょ!?


サギ師
この言葉を聞いた瞬間、ある一場面を思い出した方は多いと思う。

それは昨年の11月。
アメージパンクの特別篇として、学校へ行こうの未公開VTRが放送されたときのこと。

あさイチがあったため、車内にいなかったイノッチ。
その間にこんな会話が始まった。
坂本「井ノ原の良いところあげていこうよ

長野「話は盛る傾向にあるよね
坂本「1つの話のくだりの中で3つ以上の嘘があるよね
と、全く良いところではないことを話す坂本長野。

そして、ここからの剛健の会話に注目。
剛「出てこないね
健「出てこないってことはさぁ…結果的にさぁ、残んないってことになっちゃうんじゃない?
剛「記憶にね
健「だからたぶん、サギ師に一番向いてるタイプだと思う


もう震える。
三宅健の類まれなる観察力に。

きっと法律家の先生は、いくつもの例を見て、調べて、サギ師の行動を導いたことでしょう。

しかし、アイドル三宅健は、剛くんの「出てこない」というキーワードだけで、「残らない」から「サギ師」に一番向いていると導いた。
アンビリーバボーである。

もうトニセンの人間性よりも、三宅健の人間性を深く知りたいほど。
たぶん、探偵に一番向いているタイプ。
名探偵コナンがここにいた。


話をホンマでっか!?に戻します。

堀井先生「普段から嘘をつくタイプの人って会話の流れにちょっと嘘を盛ったりするんですよ」

きっと多くのV6ファンが「あ・・・・」と思ったことでしょう。
それと同じく、坂本長野も2人して、コブシが入りそうなほど大口を開けた。

長野「あ!!盛る!!!!
坂本「こいつ、超盛りますよ!!!
長野「たまに8割盛ってんじゃないかってくらい

話を大盛りにしていることがバラされた、NHK朝の顔。
たった一つの質問でここまで信憑性のあること言われちゃあ、もうホンマでっか!?と疑わずに、ホンマですって言っちゃう。


次の質問。
自分の欠点を他人に笑顔で話せますか?はい→井ノ原・坂本  いいえ→長野

長野「自分のことを自分から話さないですね

自宅紹介でもフローリングと食材しか映してこなかった男だもの。
でも、そんな秘密主義なとこ、好きよ。
徹底的に茶色のフローリングしか映さないとこ、好きよ。


この質問では自分を正直者だと思わせたい腹黒い人が分かる。
それは、「はい」と答えた井ノ原・坂本


生物学の池田先生によると、コミュニケーションがうまい人は戦略として、自分の欠点を武器にし、相手を信用させるらしい。


次は、心理評論家の植木先生が3人にそれぞれ質問。
その答えによって腹黒さを診断。

診断されることにビクビクしちゃって強固なガードを作るトニセン。
かわいい。
ビクビクしながら答えるトニセン(特に坂本長野)かわいい。


坂本くんには料理のこと。長野くんには美味しいお店の見つけ方を質問。
2人とも質問されたことに丁寧に答えつつも、すぐ終わらそうとする。

イノッチにはMCをする上で心がけていることを質問。
毎日無理をしないことがポイント」と答える。
他には?と聞かれると「特にないですね」とあっさり。


これで責任を取らない腹黒い人が分かる。
植木先生「圧倒的に井ノ原さん」

もうやだよ~~、オレ、帰りてぇよぉ~~」と駄々をこねる井ノ原さん。


植木先生が見ていたポイントは、調子にのってペラペラ話していたか、謙遜してあまり話さないか。

謙遜してあまり話さない人は、責任を取らないで済むように余計なことを言わず、予防線を張るため、一番シンプルに答えていたイノッチが腹黒い人に決まった。


植木「坂本さんは4つも5つも教えてくれました。長野さんもみんなが知らないようなことを、ホント、調子に乗ってペラペラ喋ってくださる方だと思うんですよね」

先生!言い方!言い方!(笑)

植木「そういうような方は日本人としては恥ずかしいタイプ」

先生!言い方!言い方!!

そんな調子に乗ってなかったよ。大丈夫。
長野くんなんて持ち前のガードの強さを思い切り発揮していて、私なんか、こんなガードの固い男と結婚できた「嫁」がうらやましいぜ~~~!ちっくしょ~~~~!!!って古傷がギュンギュンに痛んでたっていうのに。


植木「井ノ原さんは心の中で計算、忖度(そんたく)している」
井ノ原「いやいや、違う違う違う違う違う違う違う違う

すぐ「違う」と反論するイノッチが、子供っぽさ満開でかわいい。
坂本くん長野くんといるからなのか、弟さ全開。

井ノ原「やっぱりそこは、フジテレビでですよ?他局の話あまりする訳にはいかないなっていうのがあるんですよ
植木「そういう忖度を腹黒いって」
さんま「あぁ!そうやね!そういう計算を瞬時に出来る男やねんな?」
植木「言い方を変えると社会的IQが良いってことです」
井ノ原「あぁ、そういう言い方はいいですけどね

腹黒いと言われると子供のようにムキになって反論をするのに、褒められると、すぐ納得しちゃう40歳。かわいい。健くんに似てる。


続く・・・


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。