FC2ブログ

れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38歳からの飛躍に期待

私としたことが、剛くんの誕生日祝いを1日遅れてしまった!!
38歳おめでとうございます!!!!





無愛想で近寄りがたい雰囲気を持ったアイドル。
昨年亡くなられた演出家、蜷川幸雄さんから「ドブネズミみたい」と例えられ、
キラキラとした愛嬌は振りまかないのに、Jr時代、そしてグループとしてデビューしたあとも常に人気のド真ん中を維持する。

アイドル界の異端児・森田剛。

10代の頃、抜群にチャラついた見た目は良くも悪くも注目を集め、ファン・そして後輩からもカリスマ的な人気を集め、その一方で「怖そう」「嫌い」というネガティブな意見も多々あった。

私も剛くんの第一印象はチャラチャラしていて怖そうだったため、苦手であり嫌いであった。
ところがどっこい今では「天使~~~~~!!!!」とか言っちゃってるから人生分からないものである。


そして、なんといってもダンス・歌・演技・コメント力などの表現力が「天才」であることに惹きこまれ続けている。


昨年の「ヒメアノ~ル」では、その演技力に圧巻され、これは日本アカデミー賞間違いなしだな!と思っていたけれど、ノミネートすらされず・・・。
おいおい、どういうことだよぉ~日本アカデミーさんよぉぉおお!!!とコブシを握り締めたあの日・・・。


剛くん自身は映像の世界でもっと活躍していきたいのかは分からないけれど、この世に生きる「天才」をもっともっと映像で生かし、多くの人に知ってもらうべきだ!!!!と、並々ならぬ熱い思いを抱いている普通の会社員、私である。


剛くんの演技力が年々、深みと狂気性のある天才っぷりを感じるのと同時に、20周年辺りからか、アイドルとしての可愛さもぐんぐん上昇している気がする。


2013年辺りからその予兆は見えていたものの、20周年コンサートのDVDに映っていたある場面でやはり森田剛が”アイドル”として何かが芽生え始めたと感じた。


それは、歌を歌っている最中にカメラをポンポンと撫でた場面。
まるで、DVDで見ている人からすると剛くんから頭を撫でられたような錯覚に陥る瞬間。


私が知る限り、今までこんなことはしなかった。
コメンタリーでこの場面を見た坂本くんが「剛も昔あんなことやんなかったでしょ~??」
と言っている。


他にも、以前よりカメラを見てニコニコ笑うことが多かったり、言葉がやたら可愛かったりすることが増えてきた気がする。


昨年、あさイチに出演したとき、有働さんに向かって「すきぃ!おにぎりくれたからぁ!!」発言は私の中で驚異的な可愛さを記録した。
2016年一番の可愛さだった。

安定した可愛さを持つ健くんと長野くんに比べると、普段は無愛想でツンツンしているぶん、ふとした瞬間の無邪気な発言にノックアウトである。


前々から可愛さはあったものの、ここ1,2年でさらに可愛さが上がるという現象。
完全に小動物である。
38歳になるっていうのに、ここにきて小動物的な可愛さが以前にも増して大変なことになっている。



私はあることを思い出した。
岡田くんが急にメンバーに対してデレデレし始めたとき。

2013年あたりから明らかにメンバーに接する態度が急変したのである。
俗に言う「反抗期時代」は、末っ子としての甘えた雰囲気がありつつも、どこか壁があるようにも見えた。

それが2013年あたりから、壁が思いっきり外れメンバー大好き人間へと変貌を遂げ、「上質な変態」という称号をも手に入れた。


そして2015年に日本アカデミー賞受賞。
その年から現在まで、メンバーへの愛情は深刻の一途を辿っている。
後輩への愛情も深刻である。


岡田くんが名実共に日本の映画界を背負う俳優になっていくたびに、「アイドル」としての可愛さも増してきた。


剛くんももしかしたらその時期に入っているのかもしれない。
舞台で評価され、さらに昨年は映画で単独初主演。
「俳優・森田剛」の活躍の幅が広がっている現在、「アイドル・森田剛」もキラキラしたアイドル性に磨きがかかっている。


ならばなおさら、剛くんにはいつか日本アカデミー賞を獲ってもらいたい。
剛くんは「賞」なんて気にしない性格だと思うけれど、やはり「賞」を獲れば世間の目が変わる。

岡田くんのように映画俳優としての仕事も増えるかもしれない。

そして昔の勝新太郎、三船敏郎といった二大映画俳優のように、岡田くん、剛くんも二大俳優として活躍してもらいたいのが私の切なる想い・・・。




俳優は40歳からブレイクする人も多い。
まだまだ剛くんは38歳。
これからの「俳優・森田剛」の活動の幅に注目していきたい。

そしてアイドルとしての可愛さも期待大である。

Jr時代から、その類まれなる才能とセンスで、後輩そしてファンからもカリスマ的支持を集めてきた森田剛。
彼の伝説はJr時代からまだまだ終わっていない。
むしろこれからが楽しみである。

お誕生日おめでとうございます!!!



スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/21 21:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

剛くん誕生日 おめでとう。 

解散情報が出る度に、剛くん、岡田くんの為には解散した方がよいのではないいかと思っている私ですが(役者さんの中には昔ほどではないとしても、アイドルのくせに芝居してとか思っている人もいるんじゃないかと)まだまだアイドルいけるじゃないかと今回読ませていただいて思いました。
勝新太郎、三船敏郎とか、れもんさんから名前が出てくるとは。
ちょっとびっくり。
松田優作、ショウケンを超えてますね。 
私生活でもV6はもてるしね---.
今年も充実していますね。



  • posted by ゆか 
  • URL 
  • 2017.02/21 21:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/22 13:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。