れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

沼に吸い込まれてゆくぅうう





3月に突入。
新曲発売まで残すところ15日。

1月2月分の記事にコメントをくださいました皆様ありがとうございました!
色々参考になることもあり、大変励みになります♪



先日、健くんのラジオにて初公開された「Can't Get Enough」。

新たなる世界観に最初はただただ呆然。
セクバニやバリバリBUDDY、そしてキーポンといった衝撃3部作を世に発表し、もうこれ以上の挑戦的な曲は無いだろう・・・と思っていたら

新たな扉を開いてきた。
もう「新たな」すぎて、間違えちゃったかと思った。
間違えて違う人の曲かけちゃったのかと思った。


アイドル要素は.もうほぼゼロ。
曲の雰囲気は洋楽に近く、

時折聞こえてくる健くんの歌声で「あぁv6だ」と確認が取れるけれど、

これ…本当にV6が歌ってるの?マイケルじゃない?マイケルジャクソンじゃない?と思うほどファルセットを多用。

22年間活動し、ここにきてまた違う方向から攻めてきたV6。

彼らの色んな面を知っているけれど、全く知らない顔を今回のぞかせた為、思わず「誰?誰?ジャクソン先輩??」と戸惑いを覚える曲。

ジャニーズアイドルの曲としては、他に類をみない表現力に私は曲中ずっと口が開きっぱなしだった。
もう口内パッサパサ。


しかし、シングルA面としては少し地味じゃないかなぁ…と謎のプロデューサー目線が私の中に入る。

ところが翌日、曲をもう1回聴きたい衝動に駆られる。
その翌日も、翌々日も毎日毎日聴きたくなる。

V6のファルセットが妙にクセになり、坂本くんの「吸い込まれてゆくふぅううん」という、ちょいオネェが入った歌い方が頭の中から離れない。

なんという沼だ・・・。


私がファンになるきっかけとなった「セクバニ」は、その強烈なインパクトで、ギュンッッッッ!!!と一気に惹きこまれたけれど

今回の曲は1度足を踏み入れて、ん?何だろうこれは??と最初は浅い興味から入る。
しかしその興味を持ってしまったら最後。
日に日にズブズブと沼へおいでやす現象。


そんな沼ソングからの「ハナヒラケ」はもう天使の歌声である。爽快に次ぐ爽快。
しかし沼からは出られない。

あ~何て罪深き両A面。

ジャニーズアイドルとして新たな表現に挑んだ「Can't Get Enough」と、
王道アイドル路線の「ハナヒラケ」という、この両極端な歌を両A面で発売するだなんて、そんなエイベックスのチャレンジ精神にご脱帽。


MVの一部も解禁された。

無機質な空間に黒いスーツを着て、クールに柔らかく、そして繊細に歌の世界を表現するダンスシーン。

「かっこいい」という言葉が安っぽく感じられるほど、崇高な雰囲気を漂わせていた。

触れることさえも許されない・・・というような繊細なたたずまい。

普段、バラエティなどでV6(特にトニセン)が醸し出す近所のお兄さんのような親近感に慣れて、私はすっかり彼らが「手の届かないアイドル」であることを忘れていた。

そのため、このブログで「上質な変態」だとか「オカダ(笑)」だとか「長野くん、前髪の方向性を考えていこ!!」だとか軽々しく書いてしまっているけれど、もう、今までの発言失礼いたしました・・・と謝罪したいくらい魅力的なオーラを放つ。



スマップはジャニーズアイドルとしてバラエティの道を開いた。
トキオは農業が出来、島だって開拓してきた。
最近ではその島に世界遺産を作ろうとしている。

V6は何の道を切り開いてきたか。
それはやはりずっと踊り続けていることだと思う。


今から約5年前に西寺郷太さんがラジオでV6のことを語った言葉を思い出す。
「17年間、メンバーチェンジ、脱退がなく同一メンバーで踊り続けている世界でも類をみないアイドルグループ」

その年数は今も更新され続け、年々魅力的かつ新たな表現力を見せてくれる。


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.03/03 09:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

れもんさんの本業は? 

また、投稿してしまい、ごめんなさい。
いい年して、初のアイドルファン体験中なのに、周りに誰も語り合える方もおらず。。。つい。
今日は、もしかして、れもんさんは会社員とは仮のお姿で、本業は”恐山のイタコさん”では?とどうしてもお聞きしたくて。だって、もう今回の感想は、私の声そのもの!健くんの『オシャな曲』という言葉に、V6の歴代カッコいい曲の数々、又は1Dやイン・シンク風とか勝手に想像が膨らんで。それが、初・お耳したときは、『ホニャ~?!、地味--よね』でも、その後は***
イタコ・れもんさんのお言葉が代弁。その表現〈日に日にズブズブと沼へおいでやす現象〉は素敵過ぎ‼
もち、まだ私、あの世に行っているわけではありませんが、これからも楽しいお言葉でファンの気持ち表して頂ければ嬉しいです。早く来い、15日。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム