れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

おじさんがイチャイチャするというGoodTime  その1





「幸せはお金でなんか買えません。」

小学校の卒業文集で、ご立派にそんなこと書いていた私。
確かに、あの頃はお金を払って得る幸せは特に無かった。
あっても、駄菓子屋で大好物の「蒲焼さん太郎」をむさぼり食うくらいだった。


けれど、今、私はお金で買える幸せを知っている。
平均年齢40歳になる6人組のわちゃわちゃした写真に、私はお金を惜しげもなく払って毎日幸せな気分に浸ってる。


ところで、いつから「わちゃわちゃ」という言葉が普及したんだろうか・・・。



GoodTimeMusic


司会がミッチーこと及川光博さんとDream Amiさん。
そしてV6ファンのミッツマングローブさんも出演。


2017年もね、こうして音楽番組でV6が見られることに、ありがてぇ、ありがてぇ、と感謝しながらV6の登場を眺めていたら、

剛くんと健くんの髪型がシンメトリーでお揃いになってて、疑いようもないほどの「剛健」っぷり。
ありがてぇに次ぐありがてぇ。

何年かに一回は訪れる剛健髪型おそろい期。


ここ最近、「健くん、また前髪作ってくれないかな~」と思っていた。
けれど、剛くんとお揃いになったことで、オーケーそのままでいいよ~グッジョブよ~~!!!と、すぐさま前言撤回できる。
それくらい剛健の髪型がおそろいという現象は、鳥肌がゴスペルを奏でるくらいの感動があります。


健くんが後だったら、あ、あえて剛くんと同じにしてファンに「も~剛健フゥゥゥ!!」と言わせようとしてるんだな♪と勘ぐるけれど

今回は剛くんが後。
常に、己のスタイルをまっしぐらに突き進み、時折、それ何カットだろうか?と思うほど個性的な髪形にしてくる剛くんが、あえて健くんと同じ髪型にしようとは思わないはずだから

もう、定められた運命といいますか、宿命といいますか。
もはやこれは宇宙の万有引力が剛健をそうさせてしまったとしか・・・。



お客さんはファンの方々で、色々な時代のうちわを持参。

及川「よろしいですか?みなさん。ちゃんとファッション堪能しました?」
とっても紳士的なミッチー。さすが王子。

及川「V6の皆さん、座りますよ?」
井ノ原「いい?よく見ててね?座るよ?
ファン「(笑)

紳士的なミッチーに負けず劣らず優しい口調なのに、明らかに言ってることがおかしいから笑わざるをえない。
ただ座るだけのことを、ご丁寧に注目させるという新手のファンサービス。


■ファンが選んだV6の名曲BEST3を発表。

3位「ミュージックフォーザピーポー」
2位「愛なんだ」

「愛なんだ」のMVが流れているときに、ミッツさんが「最初のオリジナルシングルですよね。オリジナル…カバーじゃない」という説明を入れてくるあたりに”本物”を感じる。


デビュー曲、愛なんだと続いて、もうこれは「WAになっておどろう」でしょ?この流れは。
いや、「WAになって」も好きだけど、本当にファンに聞いた?と疑いをかけようとしたら、


第一位「Supernova」


紛れも無く「ファンが選んだ」BEST3だった。
疑って申し訳なかった。
王道、王道と続いて、最後に、あっそっちに行く??という急な方向性がV6っぽい。


相変わらず根強い人気。
デビュー曲と代表曲を抑えて、堂々と第一位を獲得したのは2011年に発表され、のちにアルバムに収録されたスパノバだった。

全然、一夜だけのスーパーノバじゃない。
ロングヒットのスーパーノバ。


きっと「WAになって」は待ち構えていたことでしょう。
蝶ネクタイかなんか締めて、よし、次は俺だな!!って腰をあげていたと思う。
そしたら、

第一位「Supernova」

と、きたもんだから、「あ・・・なんか、ごめん」とWAになってに気を使っちゃう。


それにしてもスーパーノバの人気たるや。
昔のモーニング娘で例えたら、「愛なんだ」と「WAになって」がなっちだとすると、「スーパーノバ」は後藤真希くらいの脅威の新人。


■秘蔵映像とファンのタレコミから読み解く「V6の成長と変化」。

Mnaviの映像。
当時坂本くんは24歳、長野くんは23歳、イノッチ19歳、剛くん17歳、健くん16歳、岡田くん15歳。

イノッチが10代でデビューしていたことをすぐ忘れてしまう。
そして毎度、あ、イノッチ10代でデビューしてたんだ?と新鮮に驚く。
それくらいカミセンとイノッチが同じ10代に見えない・・・。

奇跡のベテラン臭を漂わせる10代のイノッチ。


リーゼント姿でカラオケを熱唱する岡田くん(当時15歳)がとてつもなくかわいい。
ほっぺがぷくぷくしていて、声変わり前で。
そりゃあ、剛健がお尻にかじりつきたくなるのも、分かる。


そんなかわいい15歳の岡田くんを見て現在40歳と37歳になったこの2人も、

井ノ原「かわいい
健「かわいいなオカダ
井ノ原「(笑)かわいい

と、デレデレしちゃって。
そんな2人も可愛いぜ!!



さらに当時17歳の健くんがV6に向けて書いた手紙の映像。
20周年ライブの「出せない手紙」のイントロ部分で披露されたものと同じ映像。

ほんっとに、この時の健くんの喋り方がかわいいにも程がある。
信じられない。この可愛さ。
この可愛さで17歳だっていうんだもの。
小学生かな?と思ったら、17歳だっていうんだもの。
知らないうちに魔法をかけられたとしか思えない。
驚愕の童顔&童声。


顔も声も恐らく当時の17歳の中で群を抜いて幼いのに、手紙の文章がものすごくしっかりしているというギャップ。


そしてそんな健くんの手紙を聞いて「オマエ、イイコト、カクじゃねえかぁ!!」と、あれ?ブラジル人かな?とおもうくらいカタコトで感想を述べる当時20歳のイノッチ。

そんな当時の自分を見て「なんだあいつ、ぶっとばしたいわ~~!!」と感想を述べる現在40歳のイノッチ。
ノリは変わっていないと思う。



及川「10代チームはお兄さんたちに対して、どんな感じだったの?」
剛「下と上で9つ違うんでぇ~、本当に大人の人
と、何故か後ろにいる長野くんを見ながら話す剛くん。
かわいいわ~。
無意識に長野くんに頼る感じ、かわいいわ~。

そして、そんな剛くんを見つめる長野くんの目からは母性しか感じない。
我が子を見つめる愛情に満ちた目にしか感じられない。
びっくりするほどベストマザー賞。


及川「坂本さんは(カミセンを)かわいいと・・・」
坂本「かわいいっていうより子供?
健「クソガキだったもんね
坂本「うん、クソガキだったねぇー!!

「クソガキだったもんね」と言う健くんの口調にはまだ微かに”クソガキ”感がほどよく残っているし、それに対して「うん、クソガキだったねぇー」と相槌する坂本くんの口調には、まだ三宅健を”ガキ”として見ているような感じがある。


そんな坂本くんと健くんにしろ、さっきの長野くんと剛くんにしろ未だに抜けきれていない「大人」と「子供」の関係性を感じる。



■合宿生活のエピソード。
岡田「僕、一番したでみんな先輩なんですけど、カミセンの部屋っていうのがあったんですよ。高校の時に、キスマークつけられて
ミッツ「誰に?」
岡田「2人です」(剛健です)
剛「エネルギーが余ってたから

健「そん時にそれに加担してたのがこの人(長野くん)で、僕と森田がオカダにキスマークつけてそれを押さえつけてたのが長野くん
井ノ原「この2人は事務所にめっちゃくちゃ怒られたんだけど、長野くんは『ながのぉ~・・・お前がやるとは思わなかった』って
長野「『お前、いい歳して押さえるな』って


ツッコミどころが満載。

まず、キスしちゃった理由が「エネルギーが余ってたから」。

エネルギーが余ってたから、女に走ったとかではなく、末っ子のオカダにキスをする剛健。
地球に優しいエネルギーの使い方。
エコロジー剛健。


この話、剛健が可愛い顔しているから「HAHAHAHAHA☆」で済むけれど、冷静に考えると、当時17歳18歳くらいの男子が年下の男子にキスマーク付けるって、もう野島信司あたりが脚本で書いていそうな内容。なかなか過激。

しかも男がキスをしてマークが付くって、それ「チュ☆」なんて可愛いもんじゃないはず。
半端ないほどの吸引力がうかがえる。
ダイソンか剛健かってくらいの吸引力。


そして忘れちゃいけないのが、いい歳して、押さえつけた長野博の存在。
この話における名脇役。
長野くんが押さえなければ、岡田くんは助かったかもしれない。

なのに、岡田くんは長野くんを「優しい」「大好き」と言う。
押さえつけられた過去があったって、長野くんを慕い続ける岡田准一に涙せざるをえない。


つづく・・・


スポンサーサイト

Comment

待っていました♪ 

れもんさん、こんにちは🎵
新しいV6のシングルからのTVや雑誌等の露出があり、れもんさんのレポをとても楽しみにしていました。
GTMは流れない地域なので、すごく嬉しかったです!
ありがとうございました✨
  • posted by かすみ 
  • URL 
  • 2017.03/22 15:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

続き前なのですが、どうしても抑えきれないこの気持ち!
「鳥肌がゴスペル」と「野島伸司あたりが」がもうツボに入っちゃって腹筋がまた鍛えられています!爆笑!!

この番組、こちらでは放送されなかったので、続きも楽しみにしています!!(ちなみにバズリズムも遅れて放送…ローカル局の強い県はいやだぁ涙)
  • posted by 晴姉 
  • URL 
  • 2017.03/22 23:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム