れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

41歳になる男のウエストを語る





おじさんのウエストといえばどんなものを想像するでしょうか。
トトロのようなファンタジーを感じるぽっちゃりなウエストの方もいれば、まるで板チョコのような鍛え上げられた筋肉を持ったウエストの方もいらっしゃると思います。


本日誕生日を迎える井ノ原快彦のウエストは芸術品といってもいい。
トトロでもマッスルでもない。
ほどよく筋肉がついていながらペラッペラなのである。


イノッチの魅力といえば、笑顔、面白いトーク、優しさ、気遣い…などが挙げられると思いますが、ペラッペラのウエストこそイノッチの魅力だと思っております。


そのペラッペラ加減といったら、うす型テレビ、もしくは340ページくらいの文庫本に匹敵する。

電気屋さんに行って、テレビ売り場へと向かうたびに私は思う。
イノッチのウエストのような薄さだ・・・と。


もし私が誰かに「うす型テレビってどれくらい薄い?」と聞かれたらこう返すだろう。
「イノッチのウエストくらい」と。


V6のファンになってから、今まで何となく見ていただけでは気がつかなかった彼らの魅力をたくさん見つけてきた。

その1つがイノッチのペラッペラのウエストである。

もう何年も見ていて、ペラッペラだと分かっているのに毎度発見するたびに「うすっ!!!」と驚愕してしまう。


他のメンバーも脅威の細さを保っているのに、その中でもイノッチのウエストは毎度驚くほど薄い。もう細いじゃない。薄い。
ほんと、クリアファイルで挟めそう。

イノッチの優しい語り口や笑顔は親しみやすさを感じ、手の届かないアイドルというよりも近所の優しいお兄さんのような雰囲気を醸し出している。
そこが司会者としても人気を博しているのかもしれない。


けれども、ウエストを見てほしい。
いや、ウエストだけじゃない。ボディ全体をみてほしい。
もう拝みたいほどの美しい薄さ。
完璧なるアイドルボディ。

とても今日で41歳になられるとは思えないほどのボディである。
ボディだけ見たら17歳と思ってもおかしくはない。


顔から醸し出される親近感からは想像もつかないほどの美しく、色気の感じるボディライン。そのギャップがたまらない。


あさイチやアドマチック天国の司会をしているときは椅子に座っているため、テーブルに隠れてそのボディラインは見えにくい。

まさに「能ある鷹は爪を隠す」かのごとく、イノッチの一種の才能ともいえるボディラインは司会をしているときには隠されてしまっている。


なので、私も思わず忘れてしまう。
イノッチが類まれなるボディの持ち主であることを。


そして、忘れた頃にV6として踊り、もうその美しく薄いボディラインが、お目見えするため、私は毎回「わぁ!薄い!わぁ!薄い!!」と柴田理恵に負けず劣らずのオーバーリアクションをとってしまう。


41歳になるイノッチ。
41歳になるイノッチのボディライン。
奇跡のボディラインである。
奇跡のボディラインおじさんである。


イノッチはその抜群の人柄ゆえ、優しさや気遣いがいつも注目されるけれど、あのボディラインこそもっと賞賛されてもいいくらい。

メディアで「神対応」という言葉が易々と使われすぎて、もう「神」のハードル低くない?と思っておりますが、もういっそのこと「イノッチのボディラインが神対応」とでもヤフーニュースに載ってもいいのではないかと思っている。



V6にいるときは誰よりも楽しませてくれる存在であり、トニセンでは末っ子として、カミセンと一緒にいるときはやんちゃなお兄ちゃんとして、そして俳優、司会者・・・などなどあらゆる顔を持つイノッチ。


あまりにも司会者として馴染みすぎていて、あれ?アイドル…だよね…と自問自答してしまうこともあるけれど


それでもあのボディラインを見れば井ノ原快彦がアイドルであることがしっかり証明される。
40歳になってもあの薄くて美しいボディラインはアイドル以外の何者でもない。


親しみやすさと、魅惑のアイドルボディを兼ね備えたイノッチ。
41歳のお誕生日おめでとうございます。
これからもその薄いウエストを見続けていきます。


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.05/18 21:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございます 

勝手にお礼を言ってしまうほど、井ノ原快彦ファンのワタシです。
そうなんです、イノッチの魅力は、あの恐ろしいほど細い腰と太くて長いアキレス腱と高く上がる脚、そして優しい歌声なんです。改めましてありがとうございます!
  • posted by うにこ 
  • URL 
  • 2017.05/24 00:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

蝉のはらを持つ男 

昔のイノッチのキャッチフレーズだったかな?
きっと今も持ってるのでしょうね。
でも、とんとお目にかかっていない。(この間、あさイチでちらっと、)
昔は裸になってりゃなんとかなるって感じで、はだけるは脱ぐは、サービス精神旺盛で・・・。
今は良いパパですからね。NHKのアナに間違われるほど良いお人柄でいらっしゃるし。
でも私はハメを外したイノッチが結構好きで、又見たいなと思ってるんです。
深夜番組でもいいよ。

  • posted by ゆか 
  • URL 
  • 2017.05/25 11:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム