れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

メンバーについて語る2組とラーメンを食べる1組





書きたい番組の感想が溜まっていて私の中で大渋滞が巻き起こっておりますが、まずはこちらから。


5月7日放送 カウントダウンTV


冒頭は6人が集まってのトーク。
緊張が伝わってくるような進行をしてみんなからいじられる坂本くん。
そしてグダグダな受け答えの剛くん健くん。

グダグダな受け答えとキャッキャッキャッキャ楽しそうに会話する6人の様子は、あれ女子高生かな?女子高の昼休みなのかな?と錯覚しそうなほどである。


他に誰かがいると真面目で引っ込み思案な6人組になるのに、メンバーだけになるとすぐ女子高生気質が溢れちゃう平均年齢40歳のグループ。


今回は、より深く個を語ってもらうために2人ずつに分かれてトークをすることに。
チーム分けは【坂本・森田】【長野・三宅】【井ノ原・岡田】。


長野くんと健くんペアが向かった先は代々木第一体育館のすぐそばにあるラーメン屋さん。
九州じゃんがら原宿店。


ナレーション「原点を知ることでV6の今が見えてくる


デビュー当時からこのラーメン屋に来ていたV6。
健「あそこでぇ、ワールドカップバレーやって、休憩で時間があったりした時にぃ、ここにご飯食べにきたりしてぇ

健「岡田に唯一『おごってやるよ!』って言って
長野「笑」

出ました出ました!
岡田くんに対してだけ現れるお兄ちゃんな三宅健。

「おごってやるよ」ですって。フフフフフフ。
この上からな感じがいいですね。
お兄ちゃん感を出そうとしてていいですね。


長野「いくつの時?
健「こっちが16で向こうが15くらい


かわいい~~。
もうこの、なんていうんでしょう。
この2人の可愛い関係。

大阪からオーバーオールを着て上京してきたほっぺたぷくぷくの15歳岡田准一を「おごってやるよ!」と精一杯お兄ちゃんとして振舞う16歳の三宅健。

もう「はじめてのおつかい」のBGMをかけてほしいくらい可愛い。
なんなら2人で「はじめてのおつかい」に出て欲しい。
今から出演しても十分可愛さと感動を呼べると思う。



続いて井ノ原・岡田ペア。こちらはどこかのスタジオ?で対談。

大河での顔合わせの時に使った大きなリハーサル室は岡田くんが一番最初にV6として呼ばれた場所だったということを知ったイノッチ。


井ノ原「勝手に泣きそうになってぇ
岡田「フッ(笑)
井ノ原「あのスタートラインの場所でぇ、また彼は主演として日本を代表するドラマの主演として、そこに行ったんだと。勝手に物語として俺は・・・
岡田「(笑)
井ノ原「嬉しくなっちゃったわけよ。だからNHKで大河の出演者の人とすれ違うたびに『うちの岡田がお世話になってます』
岡田「ウゥフフフフ(笑)
井ノ原「みんなに言って回ってたからね


勝手に物語を作り、泣きそうになり、さらに「うちの岡田がお世話になってます」と周囲にご挨拶するイノッチ。
もはやメンバーというよりも保護者。


日本の映画界を担う俳優として渋さとワイルドさを兼ね備え、そのどっしりとした風格で実年齢以上の役柄もこなせる岡田准一。
しかし、どんなに渋くなろうとも、メンバーからは「末っ子オカダ」な名俳優。かわいい。



続いては坂本・森田ペア。こちらもどこかのスタジオでの対談。
他の2組とは違いこの2人の空気感はどことなく緊張感があるのが好き。
お互い尊敬して、心許しあっているのに、2人きりになっちゃうと未だにちょっと緊張感が漂うというこの2人独特の空気感。


話題はソロでの舞台活動。


坂本「でも、コンサートやらせてもらったんだけど、あんとき普通ほら、メンバーが観に来るとちょっと恥ずかしいじゃない?
剛「そうだね~
坂本「ほんでちょっと頑張っちゃったりする
剛「うんうん」←すっごく優しい微笑みを浮かべる。

坂本「ソロコンサート初めてやったときにぃ、そういう感覚なんだろうなと思ったんだけどメンバーの顔見た瞬間すっげぇホッとしたの

\フゥ~~~~~~~!!!!/


坂本「あれはね、初めての感覚だった。剛もほらソロコンサートやったじゃん?
剛「あ~分かるなぁ。だから、そんだけやっぱりこう、普段、ね、助けられてるっていうか、ホッとする人たちっていうのがそういう状況になってね、分かるというか
坂本「なんか、当たり前じゃん?いてくれるのが。だけど初めて一人になったときにね、客席にそういうメンバーの顔があると、あ、こんなにもホッとするんだなぁ~っと思った
剛「それはなんとなく分かるなぁ~

V6の20年以上の関係性を感じさせるなんとも温かいエピソード。


イノッチは岡田くんの大河の顔合わせの話を聞いて勝手に泣けてきたと語り、坂本くんと剛くんは舞台でメンバーの顔を見るとホッとすると語る。
まるで本当の家族のようなエピソードです。



続いて長野・三宅ペア

井ノ原&岡田、坂本&森田ペアがそれぞれメンバーへの想いを真面目に語った。
長野&三宅ペアも真面目にメンバーへの想いを語ってくれるでしょう。



店員「ごぼんしゃんの全部入りで~す


まずラーメンが来たようです。


健「はい
長野「いいね~。ごぼんしゃん。マー油が入ってるやつだ
健「何?まぁゆ??
長野「にんにくの

店員「からぼんの全部入りです
長野「僕も全部入りで?はいありがとうございます
健「からぼんって何?
長野「あのごぼんしゃんにスパイスが10種類くらい入ってるやつ
健「へぇ~~


まず彼らが私達に教えてくれたことは、ごぼんしゃんはマー油が入っているやつだということ。
そして、からぼんはスパイスが10種類くらい入ってるやつということ。

この2点を実に自然体に語ってくれた。


・・・・・。
ちょっとね、ラーメンが来ちゃったから、きっとメンバーへの想いを語ってる場合じゃなかったのでしょう。
これからです!これから真面目にメンバーへの想いを語ることでしょう!!



健「(スープを飲む)あ!うまい!
長野「うまい?(スープを飲む)」
健「どう?
長野「う~ん!おいしい!


感想を聞きあう2人。
おいしいらしいです。ここのラーメンは美味しいという想いを語ってくれています。
親子かな?ラーメン屋にきた親子かな?

ここからです。きっと。
ここから「V6」について語りますから。きっと・・・



健「これ徐々にさぁ、最初明太子無しで食べて
長野「からくしてくの?
健「そう!徐々にからくしていくのが好き
長野「三宅流食べ方?それ


あぁ、なるほど。最初は明太子無しで食べて、だんだんと辛くしていくと。
大事な情報ですね。えぇ。
これもね、大事な「V6」の情報です。


ここからかな?ここから「V6」についてね、語ると思いますので・・・。
では、どうぞ。


健「(ズルズルズルズルズーーー)」←麺をすする三宅
長野「(ズルズルズルズルズル)」←麺をすする長野
健「うん
長野「うん
健「うまい


うまいらしいです。
あれ?・・・私ったら途中でチャンネル間違えちゃったかな?
カウントダウンTVってラーメン食べる番組だっけ?


大丈夫。ここからです!!お待たせしました!ここからメンバーのことを語ってくれます!!


長野「岡田なんていきなりね大阪から出てきてさ
健「うん
長野「くるくるドライヤーとパンツ一枚しか持って来てないんだもんな(モグモグ)」
健「うん(モグモグ)」
長野「これ食べたら衝撃的に美味しかったと思うよ?
健「(ズルズルズルズーーーー)」


映像は井ノ原・岡田ペアへと切り替わる。


へいへいへい。ちょっと待ってちょっと待って。
あれ?おかしいな?
他の2組はすごく真面目にメンバーへの想いを語っていたのに、こちらの2人、モグモグしながらファンでも知ってる岡田くんの基本情報のみを語ってくれた。

しかも長野くんだけが語る。


も~面白いこの2人。
この2人だけほんわかしちゃってる。
プライベート映像かな?と思っちゃう。


全然、V6について語ってくれない。
唯一岡田くんがパンツとくるくるドライヤーのみ持参して上京というエピソードを滑り込みで語ってくれた。
そしてそれに対する健くんの反応が「(ズルズルズルズーーーーー!!!)」


麺すすっちゃってんの!!!
相槌すら打たず麺すすっちゃってる!!
いや~~いい音だった!!店内に奏でてた。麺すする音を。


ほんとこの2人は・・・(笑)。

これからも温かく見守っていきたい。
この2人だけは大切に保護していきたい。



井ノ原・岡田ペアの対談へ。

岡田「普通にリアルに尊敬するこういう仕事をしている人の1人

長野・三宅ペアのあとに岡田くんの真面目な語りが入るから、余計に長野・三宅ペアの映像が面白く感じる。


イノッチの現場での気遣いや心遣い、そして楽しく仕事をしたいという思いを尊敬していると語る岡田くん。




坂本・森田ペア。

剛くんの舞台を観にいくと、難しい作品ばかりで考えながら見ていると途中で疲れちゃうと語る坂本くん。
坂本「だから、やってる本人もっと疲れるんだろうなぁ~と思って、楽屋行くとゲッソリしちゃってるんだもん
剛「ハハハハハ!!(笑)

剛「そうね~だから差し入れ持って来たりしてくれたりさ、でも坂本くんが一番こう、舞台観終わったあと感想をくれるからすごく楽しみ
坂本「あ、そう?
剛「会うのが楽しみな人でもある


なんてストレートな告白なんでしょう!
「会うのが楽しみな人」ですって!


坂本くんと剛くんはV6の仲でもダントツでボディタッチもしないですし、距離感も遠からず近からずな関係性なので、V6を知らない人からすると、あれ?仲悪いのかな?なんて思われてしまいそうですが、実際は「会うのが楽しみな人」。

もう坂本くんのキャッチフレーズにしてしまいたい。
森田剛が一番会うのが楽しみな人、坂本昌行。



長野・三宅ペア。
さぁ、きました。
変化球のペア、長野&三宅。


一体、どんなトークをしてくれるのでしょうか。
そしてラーメンは食べ終わったのでしょうか。


長野「健はなんかどこの現場行っても『三宅健だな』って感じが
健「え?(ズルズルズルズル)」
長野「なんだろう…こだわりだったり
健「(ズルズルズルズル)」

まだ食べてた。
絶賛お食事中だった。


長野「キャラもそうだし、そういうところが現場現場で、三宅健のいいところがちゃんと出てるというか確立してるなと思いますけどね

長野「なんだろうね。


長野「健が好きなものがちゃんと繋がって、例えばシングルだったり、コンサートとかの振り付け師も健がこういう人いるよ!って紹介してくれたり
健「(ズルズルズルズル)」
長野「スタイリストもやっぱ服が好きだから、そういうのでやっぱ引っ張ってくれたりとかが結構あるので、すごいその、助かってますしね


何故だか長野くんが語るとわが子の紹介みたいに聞こえちゃう不思議。
しかも健くんがずっとカメラを気にせずズルズルズルズルとマイペースにラーメンを食べているので余計に、親子のドキュメンタリー番組みたい。

すっごい自然体。



井ノ原・岡田ペア

井ノ原「やっぱみんなどこかで岡田のこと見てるんだよね。健ですら(笑)岡田のこと
岡田「すっごい気にしてくれてるからね~
井ノ原「『あいつ大丈夫かな?』みたいな


そう。意外と健くんは岡田くんのことすっごい気にしている。

岡田「なんか、今日もこうやって、下向いてたの

あ、きました。
岡田くんによる三宅健エピソード。


岡田「そしたら急にほっぺた触ってくるわけ
井ノ原「(笑)それもどうかと思うけどね
岡田「そう。で俺、たぶん健くんじゃなかったらぁ、38歳とか37歳とかのおじさんにほっぺた触られたら、俺すっげぇ嫌だ
井ノ原「嫌だね嫌だね
岡田「(笑)でもやっぱメンバーだからぁ、まぁ健くんだから、おかしくない
井ノ原「まぁまぁまぁ
岡田「一般の37歳に、(笑)俺ら同世代に急にほっぺた触られたらなんか
井ノ原「まぁ完全にもうそっちの・・・
岡田「大丈夫かな?っていうので
井ノ原「なんなんだろうね、あいつ
岡田「不思議だよね


はぁ、かわいい。
もう何がすごいってこのエピソードが昔ではなく、現在というところ。

何組もの後輩がいて、ジャニーズ界ではベテランなポジションであり、華麗に踊る姿や圧倒的な歌声で魅了する最高にクールなグループ。
そんなクールなグループの日常がこちら。


健くん(37歳)が急に岡田くん(36歳)のほっぺたを触る。

イッツファンタジー。
もう何?童話?童話なの?


健くんはどうしてほっぺた触ったのだろう。
下を向いてた岡田くんを心配に思ったのかな?
心配してほっぺた触ったのかな?

きっと健くんにとって岡田くんは15歳の頃のかわいい末っ子のままなのかもしれない。
あの「おごってやるよ!」と言っていたときのままなのかもしれない。


あぁ可愛い。
岡田&三宅のエピソードはフォーエバー可愛い。


そしてほっぺた触られても「健くんだから」と納得しちゃう岡田くんとイノッチ。
そして私もトークを聞きながら、まぁ健くんだから・・・となんら疑問に思わなかった。
確実に感覚が麻痺している。


だって今回、ほぼラーメンを食べていた三宅健ですもの。
相変わらず不思議な人。


5月14日のカウントダウンTVへと続く・・・。
果たして、長野・三宅ペアは真面目にV6を語ってくれるのでしょうか・・・。


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.05/18 21:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム