れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

国鉄世代のSEXY!と前髪





たとえ何人ものイケメンが私の目の前に現れたって、

あなたの前髪にかなう人なんていやしない。


昨日のあなたの前髪は、いつもよりサラサラしていた。

目にかかるくらいの長い前髪だからなのか、いつもよりサラサラしているように思えた。



あなたが踊っているとき、サラッサラに揺れる前髪。

確かにダンスもかっこいい。

だけど、私はどうしたってあなたの前髪に注目をしてしまうの。


今日は一段とサラってたわ~。


サラるたびに、私は興奮のあまり白目を向きそうになるのをこらえてた。
なんて罪な前髪。


そう、その調子よ。
その調子。
お願い。そのまま、そのままの調子で横アリに挑んで・・・。


Mステ ウルトラFES


10時間に及ぶMステSP。

ジャニーズ枠としては最後を飾るTOKIOとV6。


見た目は若いけれど、アイドルとしてはもう大御所くらいのポジション。
そりゃそうだ。両チームのリーダー46歳だもの。

46歳で現役アイドルって・・・。
改めて凄い。


トーク中は前列に平家派が座り、後列に年下組。


山口くんのメガネ姿がかっこよすぎて、気持ちが揺らめく。

今は真っ黒に日焼けして、ヒゲも生えてワイルドになっているけれど
前々から山口くんは、ジャニーズきっての正統派アイドルフェイスなんじゃないかと、
ひそかに思っていたので、


そんな山口くんと長野くんが隣同士だなんて、もう美の頂上決戦でしかない。
美&美(ビーアンドビー)っていうユニット組んでほしい。



一方、剛健。


健くん、これは確実に意図的に髪形を剛くんに寄せていないかい?
結構長い期間、茶髪の横わけサラサラショートヘアーだったのが、
黒髪センターわけショートヘアー。


剛くんの黒髪センターわけパーマヘアーとほぼ類似。


ちょっと前の、剛健奇跡のシンメヘアースタイルからほどなくして、
剛くんが真ん中わけのパーマスタイルに変わった。


これで、あの奇跡の双子っぷりは見納めだな・・・と思っていたら、

ちょっと健くんが寄せてきた。


これは偶然か、それとも確信犯か。
まぁいい。かわいいから。



ただ小声でね、小声で言いたい。

健くん、前髪そろそろ・・・どう?って。
前髪そろそろおでこに降ろしてみない?って。



トークはほぼ平家派中心。


「JRが国鉄と呼ばれていた頃」という昭和の話題。

女性アナウンサーが「91年生まれなので」国鉄を知らないと話したときに、
坂本くんと長野くんが揃って「91年!?」と驚いていた。
口の動きと顔の表情が見事なシンクロっぷりだった。


曲への意気込み。

坂本「冒頭の『セクシー』。あれちょっと円熟したセクシーをお届けしたい」
タモリ「円熟したセクシー(笑)」
坂本「国鉄時代の」


国鉄推しの平家派。


パフォーマンスへ。

最初はTOKIOから。『宙船』。


サングラスをかけている長瀬くん。
ハエの目を彷彿させるオシャレ難易度高めのドでかいサングラスをかけても
かっこいい長瀬くん。さすが。


曲の終わりのほうで、松岡くんが満面の笑みでドラムを叩き、太一くんもニヤニヤ笑っている。
おそらく向かい側でV6が何かしらやっていたのかもしれない。



続いてはV6。

TOKIOの向かい側のステージ。
すっごい細い。
短冊?短冊かな?ってくらい細いステージに立つV6。


セクバニのイントロが流れ始め、手をあげてノリノリのトニセンと岡田くん。
一方、無表情でクールに手拍子をしている剛健。


も~剛健はここでも剛健なのね!
常にシンクロしてしまう剛健なのね!!

6人だけの空間のときは誰よりもキャッキャッキャッキャしているのに、
人前に立ったら誰よりも引っ込み思案を発揮しちゃう剛健なのね!!
いいよ~とってもいいよ~。とっても剛健よ~。


すると、横から茂くんがご登場!もしや・・・。


坂本くんの隣に立ち、渾身のソロダンスを披露する茂くん。
さっきまで無表情だった剛健も笑顔になる。かわいい。


坂本くん、茂くんの46歳コンビが向かい合う。

そして・・・


坂本&茂「Sexy~」


これぞ国鉄世代の円熟したセクスィ~。

浅黒い肌、くっきりとしたほうれい線、そしてほどよく老いを感じさせる色気。
円熟アイドル。


グループの最年長同士。
けれども、2人のスタイルは抜群にいい。

坂本くんのスタイルの良さは、もう誰もが見ればわかるくらいのスタイルの良さ。
一方、茂くんもよく見ると足が長くてスタイルがいい。


井ノ原「2人合わせて92歳です」
というイノッチの紹介を背にしながら、コミカルな動きで舞台上からはけていく茂くんであった・・・。


その後、V6は細長い舞台から降りて、客席を通り、向かい側の広いステージへと移動。


お客さんの間を通るときに、ちょっと口元に笑みを浮かべてリズムを取りながら歩く長野くんが、
も~かっこいいのなんのって!!!!!


いつもの優しい微笑みというよりも、なんていうのでしょう、もう、なんていえば・・・もう


かっこいい!!!!



なんだか今回のMステの長野くんが一段とかっこよく感じるのは何だろうか。

前髪の長さ?
それとも・・・前髪の長さ?
いや、やっぱり・・・前髪の長さ??

あぁ、あと髪色が暗くなってるのもグッドポイント。


もうとにかく髪が!今回は髪の全てがコングラッチュレーション!!!!!


髪について語ってたら、セクバニが終わっていた。

続いてテイクミーハイヤー。

いやぁ~このテイクミーハイヤーでも前髪がいい仕事するんですわ~。


ほんとすいません、前髪ばっかりで。


前髪が匠の成せる技を思う存分発揮していた。


「♪見えない今日の風に立ち向かってゆく」のところで、パッと正面を向いたときの長野くんの前髪。
いい~動きしてました。
もう前髪界のレジェンドってくらいのいい動きしてた。


いい動きすぎて、スローで前髪の動きを見たんですけども、

一旦、後ろに振り向いたときに、バサっと前髪が目にかかるんです。
ここでちょっと影のある長野博が見られるわけです。


そのあと前を振り向いた瞬間に、右の前髪がですね、ごく少量の右の前髪が
「おれの出番!」って感じにちょっと主張してくるわけです。
この時の前髪の乱れ具合、最高にかっこいい。


前髪ってなんのためにあるんだろうっていったら、もう乱れるためにあるのではないかと思うくらい、
前髪が乱れたときの長野くんは美しい。


このとき、一旦、後ろの三宅健にご注目ください。
前髪が全ておでこに舞い降りてきて、伊野尾くんみたいな可愛らしい髪形になってます。ありがとう。


そのあとも、動くたびにチラチラと目にかかる長野くんの前髪。
細やかな仕事。匠の成せる技。


途中、お決まりの岡田くんとのスキンシップがあったのですが、もう今回ばかりはスキンシップよりも前髪。


最後の決めのところでも、左目に前髪がいい感じでかかっていて、いい仕事収めをしてくれた前髪。
もう長野くんとは別に前髪だけにギャラを支払いたいくらい、いい仕事っぷりだった。
出来る前髪だった。


ほんと、前髪っていいもんですね。



そういえば、長野くん、今年は前髪をあまり短くしていないような・・・。
14年、15年は短い前髪のときがあったけれど、そのあとは比較的長め。

あの頃は、短い前髪にしたいお年頃だったのかしら。


どうかこのまま、どうかこのまま・・・せめてコンサート期間中はどうかこのまま・・・。



スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.09/20 19:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム