FC2ブログ

れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛なんだ2017 史上最高の夏休み その3 (2校目車内)





愛なんだ2017 続き。
2校目。



V6が向かう先は神奈川県立元石川高等学校。
ここでのテーマは、V6に特別授業をやってもらいたい。



さっそく車内では、岡田くんが授業をやるという前提で話が進む。
クールに「いやいや、俺はもうやりたくないですよ」と敬語で断る岡田くん。


健「お前しかいないんだって!この言葉がほしかったんだろ?お前しかいないんだよ!


少女マンガに出てくるツンデレ男子みたいなセリフを平然と36歳の岡田くんに言ってのける健くん。
クールに決めていた岡田くんの顔からも笑みがこぼれる。


さらに・・・


健「ちょっと放ったらかしたらすぐ寂しくなるから
長野「寂しがりやなんだ


クールかつダンディな雰囲気を醸し出しているのに「寂しがりや」であることを暴露される日本アカデミー俳優。

長野くんの「寂しがりやなんだ」の言い方が、子供たちの話に合わせる優しいお母さんみたい。

そして健くんのお兄ちゃん目線。たまらない。
誰よりも岡田准一を「末っ子」として見守っている健くん。


普通言います??36歳の男性に向かって「ちょっと放ったらかしたらすぐ寂しくなる」って。
もう、ウサギかな?ウサギなのかな?


でも岡田くんにも俳優としてのイメージがありますから。
「そんなことない」と反論するのかと思いきや・・・



全然否定しない。


むしろちょっと嬉しそう。



しかもテロップで「V6の末っ子」と表示され、
さらに「普段は映画の主演が多い岡田もV6に戻れば6人兄弟の末っ子」というナレーション。


怒涛の末っ子推し。



しかもご丁寧に赤でわかり易く表示。
絶対テストに出るよね!っていうくらい強調されている「末っ子」という文字。


「最年少」でも「一番年下」でもなく「末っ子」。
しかも「6人兄弟の末っ子」。


はぁ、かわいい。
ダンディな雰囲気醸し出しているのに、「末っ子」というギャップ。


日本を代表する俳優として着実に地位を確立しているのに、6人兄弟の末っ子ポジションという
可愛いキャッチコピーをさらされる岡田くん。



そんな「末っ子」という言葉にニヤニヤしていたら、次の瞬間、私の目にとんでもないものが映った。



剛健の添い寝である。



待って、待って。
もうヘルプミー、ヘルプミー。


うそでしょ、うそでしょ。
こんな可愛い大事件あります??


多摩川にアザラシのたまちゃんが出没した時だって、レッサーパンダの風太くんが立った時だって、
私は至って冷静だった。


ところがだ。

「剛健の添い寝」には、可愛すぎて頭を抱えざるをえない。



なんなら、車内で剛健がぴったり隣同士というところからして、フォウ!!と興奮する材料なのですが、
そこはグっとこらえていた。

私の内なるマイケルジャクソンが、どんなにエキサイティングしようとも、そう簡単に「フォウ!!」と言うわけにはいかない。
私ももうファン暦6年だ。
この長いとも新規とも言えない中途半端なファン暦だが、そろそろ落ち着いていきたい。


が・・・・・・


剛健がぴったり隣同士で寝ている。
そして、健くんの頭が剛くんの肩につきそうなほど傾いている。

なんてこったい!!!!!



さっきまで剛健は岡田くんのことをいじってキャッキャキャッキャしていたんだ。
後部座席で、まるで夏休みの小学生のようにキャッキャキャッキャ末っ子をいじっていたんだ。可愛いね。


そして、そのあと2人揃ってすぐ寝てしまったんだ。
可愛いね(泣)もう子供だね(泣)
遊びつかれて寝ちゃう子供だね(泣)
虫カゴとか似合いそう。



隣同士でぴったりくっついて
健くんの頭が剛くんの肩へ付きそうな距離。


テロップでは、剛健のことを指して「自由すぎる兄さんたち」と表記。


かわいいね(号泣)


もう国民みんなで守っていこう。2人の寝顔を。
和食と一緒に無形文化遺産にしていただきたい。




まず剛健が寝ているってだけで可愛いじゃないですか。
それだけでもう、鼻息がジャグジーと化すほどの勢い。


それなのに、ぴったり隣同士で、健くんが剛くんの肩に(泣)


パッと見、ドラマ「高校教師(93年版)」のラストシーンを彷彿させる美しい寝顔と添い寝。




剛健の添い寝が可愛すぎて、30分くらいここを停止させたままお昼ご飯食べてました。


寝顔だけでも注目を集めるってホント、剛健か、パンダの赤ちゃんかってくらい。



剛健は強い。
やっぱり剛健が全てを持って行く。

伝説のコンビ「剛健」は、デビュー22年目、38歳にして「添い寝」という伝説をここに記した。



岡田くんは何も知らず、クールに耳を触っている。
後ろで38歳の兄さんたちが添い寝しているという、ちょっとした事件が起きていることを知らず。


岡田くんが雑誌で語っていた言葉を思い出す。
「健くんは僕より剛くんが大好き。なかなか難しい三角関係なのです」



この言葉を思い出しながら、もう一度「剛健の添い寝」の瞬間を見てみる。

剛くんに寄り添うように寝る健くん。
そんなことが後ろで起こっているとはつゆ知らず、クールに耳を触っている岡田くん。

あぁ岡田くん・・・(泣)

岡田くんの不憫さが愛おしい。


きっと岡田くんは三角関係というより、「剛健准」いや・・・「剛准健」というように、
自分も「剛健」の中に入りたい願望があるのかもしれない。

けれど、どうしたって「剛健」になってしまうんだ。
どうしたって「剛健」と「岡田」になってしまうこの関係性。


申し訳ないけれど、そのときの岡田くんの不憫さが可愛くて仕方が無い。
愛おしい。
放っとかれている感じが可愛くてしょうがない。


でも、健くんはちゃんと知ってる。
岡田くんは、「放ったらかしたらすぐ寂しくなる」ということを。


岡田くんはきっと寂しいのでしょう・・・。
「剛健」になってしまうのが。


でも、そんな岡田くんのことを「剛健」はちゃんと気にかけて接したり、時にはちょっかい出したり。
でも結局「剛健」になったり。

それで岡田くんはメディアを通じて「三角関係」とか言っちゃったり。


カミセンのこの不思議な関係性も魅力の一つ。



本来なら、この2校目のVTRは「岡田准一」が主役。
もちろんこのあとは、岡田くんが主役となるのだが、たった数秒の寝顔&添い寝で
全てをかっさらう強さを持つ剛健。
さすがである



ほんの数秒の添い寝にだいぶ行数を使ってしまったので、一旦ここで終わります。
つづく・・・。


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.10/02 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。