FC2ブログ

れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪どこまでも~限りなく~降り積もる雪と博への想い






現在、東京、大雪。
隣に住むご家族の子供達が雪で大はしゃぎしている。
お父さんお母さんと一緒に雪だるまを作ろうとしているらしい。

私はそんな隣の暖かいご家庭の声を聞きながら、あぁ、6月からは長野くんもこんな暖かい家庭を・・・と、少しばかり寂しさを感じながら、私もベランダに出て一人で雪だるまを作った結果、手が凍る。


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。


岡田くんは結婚するし、長野くんは6月にパパになるし、小室哲哉は引退するし・・・。
あぁ、私が見てきた「平成」がどんどん変わってゆく。


今年の初めにとても気になるニュースがあった。

岡田くんの新居に遺跡が見つかり一時建設中止


もう、オカダ(笑)

どういうこと??
奈良なの??奈良付近に建ててるの??

こんなことあります??
東京で、超有名人岡田くんの新居建設地で、結婚報告から少し経ったあとに、遺跡発見で、一時建設中止。

ほんと、岡田くんは面白い。
天然でこういう面白いこと引き寄せちゃう。


誤配送で結婚がばれちゃうし、その結果仏滅に入籍して、クリスマスイブの報告でちょっとSNSが荒れて、もう波は収まったかと思ったら、新居に遺跡が発見されて一時建設中止。


もうなんか・・・私もクリスマスイブの結婚報告でちょっとグチグチ言っちゃってごめんね・・・と謝りたくなるくらい色んなことが起きている。


一方、長野家は・・・


奥様、第1子ご懐妊。
なんともめでたい。
とてもめでたいことである。


とてもめでたいことなのに、私の心にはなんともいえない寂しさが襲った。


一体この寂しさは何なのだろう。
「結婚」という難所を乗り越えれば、このあとのファン生活は安泰だと思っていた。
しかし、「妊娠」という報道は、「熱愛」や「結婚」とはまた違った寂しさを感じる。
思いもよらぬ感情だ。



「結婚」を乗り越えファンを続け、これ以上の衝撃は無いと思ったが、「妊娠」報道で思わぬ感情が私の中に浮かんだ。


なんてこったい。
ご懐妊というめでたいことなのに、祝いの言葉よりも先に寂しさが襲ってきてしまった。


この複雑な心境をなんという言葉で表現すればいいか。
あぁ、私が歌手だったら、今の想いを極上のバラードに乗せてお届けしたい。
ミーシャなみの歌唱力で歌い上げたい。


子供が生まれることによって、より「家庭」というものが強く突きつけられる。
V6長野博とは違う、お父さん・旦那としての長野博・・・。

そんなアイドルとは別の姿に寂しさを感じる部分もあれば、

V6が「家族みたい」と言われてきたから、本当の「家族」をこれから作り上げていくことにちょっとした寂しさがある。




いっそのこと、子供として生まれ変わりたい。


掘北真希ちゃんが結婚したときに、同僚の男性が「あぁ、こうなったら掘北真希の子供として生まれるしかない」と言っていた。
私はその時、何 を 言 っ て い る ん だ ・・・と思ったが、今ではその言葉を理解する。
わかるわかる。
子供になりたい。

長野くんの愛情を一身に受けるであろう子供に。

ちなみに、奥さんのブログに妊娠に関して何か書いてあるかと思い、覗いてみたが報告は無かった。
この徹底ぶり。
一切長野博の影を感じさせない徹底したブログ。

ミホ・・・知れば知るほど、長野博のお嫁さんとして完璧だ。
悔しいが完璧だ・・・(泣)。あぁ~うらやましいぜ~~~ミホ~~~~~~!!!!!!
ミフォオオオオオ!!!!


カミセンに対してお母さんのように接していた長野くんの姿が走馬灯のようによみがえる。


学校へ行こうのお引越し企画で、高いところにある電球が届かない健くん(当時24歳)に「たかいたか~い」をしてあげていた長野くん。


同じく学校へ行こうでのあるロケで、剛くん(当時28歳)に「塗れや!」と言われて、食パンにバターを塗ってあげていた長野くん。


・20周年のアルバムの特典映像寝起きドッキリにて、当時34歳の岡田くんに「准ちゃん、おっはよ~♪起きちゃったかなぁ~?」とまるで5歳児に話しかけるかのような優しい声で起こしていた長野くん。


もう、お母さんみたいではなく、完全にお母さんである。

いつまでも長野くんに甘えるカミセンと、カミセンを甘やかす長野くんの姿は、動物番組で紹介されてもいいくらい癒しの時間。


あ~いつまでも長野くんはカミセンのお母さんと思っていたけれど、実生活でパパになってしまうのね。
もしかして寂しさの正体はこれかしら???


そういえば、長野くんが過去に言っていた発言で忘れられないものがある。

それは、VVV6で剛くん(当時23歳くらい)が熱いカキ氷を食べて、無邪気で可愛いリアクションを取ったときの長野くんの発言である。
それがこちら↓


(笑)子供もこんな喜びかたするのかなぁ?食べさせがいがあるなぁ~!こんな子供がいい!!!


こんな子供がいい


いくら10歳近く年齢が離れているとは言っても、同じメンバーに対して「こんな子供がいい!!」という感情を持ってしまう長野くんの母性よ。

あれから20年近い時が過ぎ、長野くんはお父さんになる。
剛くんのように根が優しくて、無邪気で可愛い子供が生まれることでしょう。

長野くんがパパになるのは、なんともいえない寂しさがあるけれど、
家族が増えることで、より一層仕事に身が入るとよく言われている。


確かに、最近発売された雑誌「テレビナビスマイル」の長野くんは最高にかっこよかった。
おいおいどうしたどうした・・・と本屋で一瞬戸惑うほど、表紙の長野くんがかっこよかった。

私は長野博の顔面を愛する限り、「結婚」しても「子供」が誕生してもファンをやめられそうに無いぜ。


家庭のある男性アイドルのファン。
今までどおり「キャー!!長野くーーん!!!」と応援しながらも、「子供がいるのか・・・」と思うとなんだか、ちょっと、ギルティーな、背徳感を感じる新たなファン生活の扉。


子供が生まれて、パパになっても「V6の母」としてこれからもカミセンに甘い長野くんでいてほしい。
結局それだ。
結局は家族のような6人が見られればそれでいい。


なので・・・早く6人の姿を!!!

昨年、あんなにV6としての活動をしてくれて、たくさんの潤いをもらったけれど、
早くも干からびてしまいそうだ!!水を!水をくれ!!
このままだと切干大根のようになってしまうよ!

岡田くんの結婚、剛くんのデート報道、長野くんがパパになる発表、・・・

V6たちの私生活が充実しているのはよーくわかったから。
幸せそうで何よりだ。

ちくしょう(泣)
私も私生活充実させるぜ(泣)


と、嘆いたら、WOWOWで放送されるサッカーのイメージソングに新曲「KEEP GOING」が選ばれたことが発表された。

新曲!!!

作詞作曲はあのブレイクザウォールを手がけた、☆Taku Takahashi他2名。

絶対かっこいい。絶対かっこいい。
あの、タク タカハシが手がけたのなら絶対にかっこいい。

まだ聴いていないけれど、確実にかっこいいであろうこの新曲。
どうかカップリングに回さず、A面で発売されることを願う。


出来れば、博がパパになる前に・・・。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。