FC2ブログ

れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

「誰にも渡さない」の衝撃 その2 





「愛なんだ」の感想が長野くんのヒゲで終わってしまった。
誰が興味あるんだ・・・。


なので、もう少し「愛なんだ」の感想を簡単に付け足すと

・長野くんと健くんの肩組みが可愛かった。

・長野くんと健くんしか肩組みをしていないところを見て、やはりV6の近すぎる距離感は三宅健が作り出していると確信した。

・そんな2人の横で、剛くんがカメラに向かってニヤリと笑い、手を振った姿を見て
”捨て猫を拾う不良”と同じくらいのトキメキと可愛さを感じた。



少し間があり、再びV6が登場。
新曲の「RightNow」を披露する。

1月に発売される新曲はワンピースの主題歌「SuperPowers」と「RightNow」の両A面。

「SuperPowers」を聞いた時、
正直…物足りなかった。
かっこいいのだけれど、今のV6には物足りない。

ファンゆえにV6に対しては甘い。
いつだって甘い。
長野くんが前髪を短くしたとき以外は甘い。


それなのに・・・

それなのに・・・


これじゃあないんだぁぁぁああああ!!!


と、思ってしまった・・・。
「SuperPowers」が大好きな人には申し訳ないが、そう思ってしまった。

いや、かっこいい。かっこいいのだけど、何か、何か物足りない。


そんな想いがあったから
「RightNow」にも期待はしていなかった。


アナウンサー「テレビ初披露の新曲です。どうぞ。


散らばるように立っている6人。
曲が始まると、それぞれがゆっくり移動する。

健くんの「Oh~」が繊細に響く。


次の瞬間、センターにいる剛くんがうねるような動きを見せる。
他のメンバーもそれに続く。


一瞬で目が奪われた。


たった1秒。
剛くんがスっと、うねるような動きを見せたとたん、


これは!!かっこいいぞ!!!と確信した。

もう心の中ではずっと「あ”ぁ~~~~~~~~」という悲鳴が響いていた。


今回のダンスは分かりやすくいえば、Perfumeのような独特な振り付け。

そしていつも以上に揃った動きを見せる。

その揃い方は経験と努力だけでなく、それを超えた何かを感じるほど美しい。

合わせようと意識して合わせているというより、無意識に阿吽の呼吸で揃っているような不思議な空気がある。


まるで、運命共同体のように揃ったダンス。
24年目でも全く古臭くない。むしろ洗練されている。

美しくかっこいいダンスに惚れ惚れとし、食い入るように画面を見つめていると

剛くんの「♪誰にも渡さない

おいおいおいおい。
かっこよすぎるじゃないか!!!!!

なんなんだ!!
あの色気と妖しさとかっこよさ・・・そして神秘的なオーラさえ感じる。

39歳になっても衰えることのないそのカリスマ性。

この曲は剛くんがセンターだ。

V6は曲ごとにセンターが違う。
誰がセンターになるかでV6全体の雰囲気も変わるから面白い。

剛くんがセンターを飾ったときのV6のバランスの良さと引き締まった一体感は「孤高」という言葉が似合うほどかっこいい。
「無敵」さを感じる。

カミセントニセンに分かれて歌い踊るといったV6の王道も入りつつ、

最後は剛くんが真ん中に立ち、
「♪誰にも渡さない


なんて美しい・・・
そしてかっこいい。

見終わったあと、私は心の中で


やっぱりV6はすごいな!!!

とうなった。


「RightNow」のあの曲調、ダンス、そして歌詞の世界観。
そこに森田剛が真ん中に君臨する。
そして最後の締めに「♪誰にも渡さない」

かっこよすぎる。


あの最後は剛くんにしか出来ない。
森田剛じゃなければ締まらない。

いや、そりゃあ長野くんだったら、長野くんで、
フゥ~~~~~!!!&フォ~~~~!!!!
で大興奮が収まらず、年を越してもなお大興奮してしまうと思うけれど、

それでもあの最後は森田剛だ。


普段、引っ込み思案で柔らかいアットホームな雰囲気を持つV6。

そんな彼らが「誰にも渡さない」なんて強気の発言しちゃうギャップ!!


その切なさと色気に
あーかっこいい!!!と胸がキュンとなりつつも

あ…4人は結婚してんだった・・・
と現実に戻される。

現実に戻ってしまうんだ・・・
夢が見れねぇ見れねぇ。
お目覚めの速さが尋常じゃない。

いや…待てよ・・・

ラブソングではあるが

V6のファンを「誰にも渡さない」という意味だとしたら・・・

と勝手に解釈し、

ヤダも~~~♪
センキュー♪♪

と舞い上がる。
単純である。


24年目最初のシングルであり、
記念すべき50作目であり、
森田剛30代最後のシングル

「SuperPowers」との両A面だが、
出来れば「RightNow」をたくさん披露してほしい。

それくらい「誰にも渡さない」に森田剛の、そしてV6の魅力全てが詰まっている。


スポンサーサイト

Comment

更新、ありがとうございます! 

こんばんは。
長らく更新がなかったので、ちょっと寂しい思いをしていました。
年の終わりに、こちらのブログが更新されてて、とても嬉しかったです!
ありがとうございます。
また少しずつで構いませんので、更新していただけたら…
れもんさんの文章がとても好きなのです(^^♪
図々しいことを言って、すみません。
  • posted by かすみ 
  • URL 
  • 2018.12/31 00:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

はじめまして。
アメブロで、「おさびし山の色鉛筆」と
いう気まぐれブログをしているものです。
ブログ更新ありがとうございます。
ずっと、こっそりお邪魔していました。
夏以来、更新が途絶えていたので、
少々心配でしたが、年末に更新がされていたので、
ホッとしました。れもんさんの独特の視点から見る
V6のメンバーへの愛あふれる本音がとても
気に入ってます。
無理の無い更新、またお待ちしています。
  • posted by りすこ 
  • URL 
  • 2019.01/07 07:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム

V6