FC2ブログ

れもんの娯楽。。。

V6を中心に、自分が好きな娯楽をつらつらと書いています

Entries

8月6日観劇「カノトイハナサガモノラ」 感想1 






観劇からすでに1カ月。
話の内容はぼんやりとした記憶でしか残ってはいないが、トニセンのかっこよさ、可愛さは鮮明に覚えている。


※以下多少ネタバレしています





座席は一階席後方。
後方でもグローブ座は演者の顔がはっきり見える。


今まで見たコンサートや舞台は、全て遠くからだったので、生で見るV6はいつも小さかった。

だからなのか、トニセンが登場した瞬間にまず思ったことは「背、高いな!!」だった。

いっつも小さかったから、リアル身長に驚きを隠せない。
リアルすぎて3D映像かと思っちゃう。あまりにも等身大。



驚きはリアル身長だけではない。
3人のスタイルもこれまた生で見ると、やっぱり芸能人は違うな・・・と思わざるをえない。


全体的にスタイルがいいのがイノッチ。
とにかく細い!!
ウエストの細さたるや、もうこんにゃくよ、こんにゃく。
スーパーで売ってるこんにゃくくらいの厚み。


世間では「親しみやすいキャラクター」で好感度の高いイノッチだけれど、親しんでる場合では無かった。
ウエストの細さはもうグラビアアイドル級。


けれど、あれだけ細いのに、V6で一番細いのは剛くんだっていうんだから、多分、近くで見る森田剛はごぼうだと思う。



スタイル抜群といえばやはりこの方、坂本昌行。
ただ、坂本くんはスタイルどうこうよりも動きが綺麗!

動きが綺麗だから、それによってさらに脚の長さが抜群に映える。
姿勢も良くて、手足の動きが丁寧!
そしてダンディ。
まるでイギリス紳士のような風格を感じる。

ジャニーズの若手、キング&プリンスの人気が上昇する中、キングでもプリンスでもなくダンディな魅力で人々を虜にする男。

舞台の仕事が多いのも納得の舞台映えするスタイルである。



最後に長野博ですが、ほんと…他の2人がスタイル抜群ゆえに、長野くんが普通に見えてしまうのが悔やまれる。

イノッチ細い~~!!坂本くん脚長い~~~!!長野くん!!・・・
長野くーーーーーーん!!!!!

もう、名を叫ぶしかない。
心の中で君の名を叫ぶしかこの思いを解消できない。


長野くんも細く、筋肉も程よくついていて、身長も高い。
一般的な40代男性と比べたら、断然スタイルがいいのに、坂本・井ノ原という類まれなスタイルが両サイドにいるもんだから、普通に見えてしまう!!!!
普通じゃないのに!
よく食べてるのに、そのスタイル!普通じゃないのに!!
普通に見えてしまうトニセンマジック。


ただ、長野くんのまとう空気感といいますか、オーラ的なものが凄く綺麗。
オーラが見えるわけではないのですが、不思議な優しい光に包まれているような雰囲気があった。


トニセンが舞台に登場してからこれといった台詞はなく、歌へ突入。


1曲目だか、2曲目の終わりのほうでイノッチと長野くんが肩をぶつけ合ってじゃれ合う。
ここは演出というよりもアドリブのような感じがした。
ほんとこの二人はよくじゃれ合う。
コンサートでもふと見たらじゃれ合ってる。


そんな2人を気にすることなく、クールに歌い続ける坂本くん。

すると、坂本くんの元へじゃれ合い終わりの長野くんが近づいてきた。


まさか!!まさか坂本くんとも?じゃれ合いを!!?
ヒューヒュー!!
と、心のなかで冷やかしを先取りしていたら、


坂本くんの肩にコツンと一瞬くっつく長野くん。


乙女~~!

恥じらう女学生のごとく、奥ゆかしく一瞬だけ肩にくっつく。
イノッチとはグイグイじゃれ合ってたのに。
そんな急にTooシャイっぷり見せられたら、それはそれでニヤニヤしちゃう。

一方、坂本くんは長野くんの行動に微動だもしない。
照れ隠しなのか、それとも慣れているのか・・・。


どこからが素でどこからが演技なのか分からない不思議で不自然な空間。

これから先、さらに謎に次ぐ謎の展開が繰り広げられる。



続く・・・


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

れもん

Author:れもん
V6について色々と書いています。
更新は多かったり、急に止まったりなど不規則です。
V6の番組や6人の行動を少しでもこのブログで楽しんでいただければ幸いです。

※現在コメントへのお返事は休止しています

最新記事

月別記事

右サイドメニュー

検索フォーム

V6